ビジネススクール新着ニュース

2013年06月13日

ビジネススクール(CBS)「マーケティングコミュニケーション論」の授業で、修了生の瀬沼 哲彦さんがゲスト講師を務めました

6月11日(火)中央大学ビジネススクール(CBS)「マーケティングコミュニケーション論」(担当教授:田中 洋)の授業で、CBS修了生の瀬沼 哲彦さんがゲスト講師を務めました。

瀬沼さんは外資系大手企業のマーケティング本部長を歴任し、CBS修了後は国内2位(*)のソフトコンタクトレンズメーカークーパービジョン・ジャパン株式会社の執行役員マーケティング本部長に就任されています。

今回は、瀬沼さんのミッションでもある「クーパービジョンの企業価値をいかに高めるかというテーマを達成するための戦略とプランの立案」という課題が、講義の中で瀬沼さんより提示されました。
クーパービジョンの代表的な製品である2週間交換用ソフトコンタクトレンズバイオフィニティをコミュニケーションプランの核に据え、クーパービジョンの認知や理解を向上するためのプランを、7月の最後の講義の日に各グループから発表が行われます。
難しい命題ではありますが、実践に即したCBSらしい斬新なプランの発表を瀬沼さんは期待していると講義の最後でコメントを残しました。

(*2012年コンタクトレンズ小売販売金額合計ベース GfK LifeStyle Tracking Japan調べ 店頭小売金額ベース)

【中央大学ビジネススクールは、社会人のみを対象とした「戦略経営リーダー」を育成する専門職大学院です。】

働きながら、平日夜間・土曜日・日曜日を利用して都心の後楽園キャンパスで学び、2年間でMBA(経営修士(専門職))を取得できます。
  • 6月15日(土)MBA入試説明会(ミニレクチャー「知識創造とイノベーション」(遠山 亮子教授)付き)のお申し込みはこちら