ビジネススクールイベント

CBS MBAコース説明会[入学説明会](5月11日)

日程
2019年5月11日(土)17:00~19:00(受付16:45~)
場所
後楽園キャンパス 3号館11階 31101号室
講師

講師 佐藤 博樹 教授
講師 犬飼 知徳 教授

内容

16:45~受付開始
17:00~中央大学ビジネススクール(CBS)の特徴などを紹介
17:20~模擬講義『なぜビジネスパーソンはビジネススクールで学ぶ必要があるのか
        -VUCAの時代の人材育成と自己投資を考える-』
     前半:犬飼 知徳 教授、後半:佐藤 博樹 教授
18:30~在校生・修了生との質疑・応答
19:00    終了

【模擬講義内容】
 今回のテーマは「なぜビジネスパーソンはビジネススクールで学ぶ必要があるのか
-VUCA(ブーカ)の時代の人材育成と自己投資を考える-」です。
 日本企業における人材育成の基本は、
OJT(On the Job Training:現任訓練)であり、現在も有効な人材育成策の一つです。
しかし、OJTで獲得したスキルや知識は、
過去の仕事経験が活かせる仕事が将来も持続する場合に限り有効となります。
そのため、企業の事業構造や職務構造が急角度で変化を続け、
将来の変化を予測することが極めて難しい、
いわゆるVUCAの時代においては、OJTによる人材育成には限界があります。
こうした時代において、企業は人材育成戦略をどのように行うべきなのか、
さらに働く人にとって、
人生100年の時代における「雇用可能性」を長期にわたって維持するために、
どのような自己投資が有効なのか、
当日はこうした点を企業経営者と働く人、両者の視点から議論します。

※VUCA
Voltility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、
Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字から取った
現代の経営環境、個人のキャリアを取り巻く環境を表すキーワード。

対象者

MBAコースに関心がある方
中央大学ビジネススクールの進学をお考えの方
模擬講義のテーマ自体に興味のある方

 

社会人ビジネススクール(MBAコース)への進学に興味がありながらも、
いろいろな疑問や不安があり、
今一歩受験にまで踏み出せていない方もいるのではないでしょうか?
例えば、

 そもそもMBAでは、どのようなことを学ぶのか?
 MBAの勉強は自分にはハードルが高すぎるのではないか?
 MBA課程に入ったら、仕事と家庭の両立は可能なのだろうか?
 MBAの学習内容は自分の仕事と関係しているのだろうか?。

といった心配などがあるかもしれません。
そこで、私たち中央大学ビジネススクールでは、

・2名の教員による模擬講義を体験することで、講義のレベルや内容を実感したい方
・修了生や在校生から体験談を聞くことで、疑問や不安を解決したい方

を対象として、
「体験型」のCBS MBAコース説明会を実施することにしました。
社会人ビジネススクール進学を検討されている方、
中央大学ビジネススクールの入学に関心がある方、
ぜひご参加ください。

もちろん、MBAのことはよく知らないけれども、
模擬講義の内容に関心がある方もご参加いただけます。
多くの皆さんにご参加いただきたいと思っております。

参加費

無料

参加手続き

申込み専用メールフォーム」からお申込みください。