ビジネススクール客観的に見極め、問題意識をもち続ける重要性

自社を客観的に見極め、問題意識をもち続ける重要性

江畑 伸明 2019年4月 CBS入学 グローリー株式会社 グループマネージャー

研究対象企業の社員を含めた4人1チームでディスカッションを重ねるCBSのフィールドラーニングは、他のプログラムにはない有益な経験だと思います。座学に留まることなく、現実の企業の課題を設定し、課題解決策を探し出し、最終的には、企業上層部への提案までするので、やりがいと責任を感じながら取り組みました。事業所にも足を運んで得た現場の意見をバックボーンにした我々の提案は、上層部には耳の痛い部分もあったと思いますが、真剣に受け止めていただきました。ただ、業種が異なるが故の企業文化の違いもあり、問題の本質を掴むまでに時間がかかりました。この実践的なプログラムがなければ気づかなかった業態や発想に触れたのも事実で、新鮮な経験であると同時に、無意識のうちに自社中心の考えに偏っていたことも実感しました。自社の業態を客観的に見極め、常に問題意識をもち続けることの重要さを再認識できたプログラムでした。そしてCBSの学びを通して、視野が広がったことを実感しています。ファイナンスの数字が見せる景色や人の動きなど、明らかに自分の目線が変わっています。これらの学びの成果を実務に生かせるのは数年先かもしれませんが、自分のキャリアにとって重要な時間であると感じています。