ビジネススクールプログラムとディスカッションで広がる学び

バランスの取れたプログラムとディスカッションで学びが広がる

岡野真巳 2019年4月 MBA入学 化学メーカー 営業職

新しい知識を蓄えていく過程が予想以上に楽しく、最初の1年を充実して過ごしています。CBSでは「戦略」「マーケティング」「人的資源管理」「ファイナンス」「経営法務」とバランス良く基礎分野が配置されていることで、入学当初に専攻していたマーケティング以外に、仕事上では関わりが少ない「人的資源管理」や「経営法務」にも興味をもつようになりました。他部署との社内打ち合わせでも、CBSで学んだ理論や知識を基に話が深まることも 多く、自身の理論的蓄積や視野の広がりを実感しています。授業では10分程度から1時間程度まで、ディスカッションやグループワークが頻繁に行われます。社内の実務に直接役立つことも学ぶことができています。業界や職種、年齢の違う学生同士で、得意な分野にも違いがあります。互いのキャリアを尊重し合う雰囲気が好ましく、時には学生が先生役になって丁寧に教えてくれることも。授業の内容以外にもプレゼンの手法(構成・口調・間の取り方など)や資料の見せ方など参考にすべきところも多く、実践的な知見や気づきが深まります。