ビジネススクールリカレント教育が注目される中、卒業後も受講できる聴講生制度

リカレント教育が注目される中、卒業後も聴講生として受講

村杉 暢子 2019年3月 MBA修了 生命保険会社 課長

自分自身がこれまで培ってきた知識を、経験則や経験談ではなく、理論やフレームワークで職場に伝えられるようになること、それが入学時の目的でした。
しかし、実際に授業を受けると知らないことばかり、そこで私はまずは吸収(インプット)を軸に取り組むことにしたのです。
経営全般の知識を幅広く学んだ結果、高い視座で物事を俯瞰できるようになり、また経営視点のベースがつくられたことで、様々なことに自信をもって取り組めるようになったことを実感しています。
MBAと聞くとキャリアチェンジや起業を連想する方も多いかと思いますが、「経営の基礎を少しかじりたい」「もう少し専門知識を増やしたい」といった私のような学生が大勢いるのも事実です。
私自身、修了した現在も、新たな仕事で必要となる知識や最先端のビジネスのトレンドを得るため、聴講生制度を利用して学びを続けています。