ビジネススクール成長の先にある行動力

2年間で大きく成長した仲間に共通しているのは、習ったことをすぐに実行する行動力

小池 恒平 2018年4月 MBA修了
株式会社HAMAYA 代表取締役 社長

父が経営する会社を引き継ぎ6年が過ぎた頃、創業100周年が目前に迫っていました。「これからの100年」を見据えた時に、私は、行き当たりばったりで一般論の域を出ないそれまでの判断業務から脱却し、勇気をもってリスクを取れる経営をしようと肝に銘じ、ビジネスを学び直すことにしたのです。

CBSでは、入学直後のグループワークで仲間と考える楽しさを知りました。また、教授は知識が深く、知的活動の楽しさを体現していただけるので、その場にいるだけでやる気が満タンになりました。

CBSを卒業して今感じるのは、幅広く受講して良かったということ。興味対象を中心に、法務やHR、アジア経済などわからないながらも履修しましたが、新しい事業に挑戦したり、M&Aで新しい組織や人に触れたり、法務に関わる問題を発見したり、と視野が広がりました。逆にまだ見えぬことの多さに怯えたりもしますが(笑)。CBSの2年間で大きく成長した仲間に共通していえるのは、習ったことや思いついたことをすぐに実行する行動力でした。私自身、行動の大切さを学び、人に興味を持ち、現地・現場・現物が大切な理由がわかってきたような気がします。今後は、この刺激的な環境と心で強くつながりながら、社会に貢献していければと思っています。