ビジネススクール想像以上のミニセメスター制度の効果

入学後に感じたのはミニセメスター制の効果です

塚原 泰治 2017年4月 MBA入学
敷島製パン株式会社(Pasco)

入学前、予算策定や営業戦略の業務に携わっていました。その頃の私は、自分自身では戦略根拠が明確で成功の確信が十分あるにも関わらず、他人に受け入れてもらえないことに悩んでいました。戦略が実行されるとしっかりと成果が出るんですけどね(笑)。そんな「自分自身の頭の中で起こる戦略構築のロジックと他人との相違を解明したい」という思いに駆られ、MBA取得を目指しました。

CBSを選んだのは、シンプルに戦略を中心にカルキュラムが構築されていたためで、私にはぴったりでした。入学後に感じたのはミニセメスター制の効果です。私は授業に臨むに当たり予習を大切にしていたため、少ない科目を2カ月間集中して学ぶことができるこの制度は大変好都合でした。「沢山受講できます」というビジネススクールは一見魅力的ですが、いざ入学すると、深く学ぶこと・しっかり身につけることが大切になります。法科大学院を擁する伝統校だからでしょうか、CBSは「学びを深める仕組み」をよく理解してると思います。

最後に、私がビジネススクールに入学するきっかけとなった「自分の中で起きている知識や経験のスパイラルが何なのか?」という厄介なテーマに関しては、CBSのメインの講義となる遠山先生の知識創造論が解決をしてくれました。