法学研究科イベント

ドイツ憲法擁護庁前長官Dr. Hans-Georg Maaßen 氏講演会 ~Brexit を目前にしたヨーロッパ法の展開~

日程
2019年3月14日(木)17:00-19:00
場所
その他 中央大学駿河台記念館 330号室
講演者

ドイツ憲法擁護庁(Bundesamt für Verfassungsschutz, BFV)前長官

Dr. Hans-Georg Maaßen 氏

内容

ドイツ憲法擁護庁(Bundesamt für Verfassungsschutz, BFV)前長官のDr. Hans-Georg Maaßen氏をお招きし、『Brexitを目前にしたヨーロッパ法の展開~』と題し、講演いただきます。

※講演は日英の通訳を予定しています。


【Dr. Hans-Georg Maaßen 氏について】
Dr. Hans-Georg Maaßen 氏は、1962 年にMönchengladbach(ノルトライン・ヴェストファーレン)で生まれ、ケルンとボンで法律学を学び、その後、1987 年に第1 次法律国家試験、1991 年に第二次法律国家試験に合格後、研修勤務期間を終了、1991 年以降はドイツ連邦省内で様々な局の担当官(外務省、警察局)、国家安全の事務官として勤務されました。2001 年には移民に関するプロジェクトグループの指揮を執り、2002 年には外国法に関する行政事務を総括しました( この分野の著作として、Zuwanderungsrecht 2008, Nomos 等があります)。2008 年、ドイツ連邦省の公的安全局においてテロリスト撲滅にかかる責任者になり、2012 年から2018 年まで本庁の長官を就任されていました。

参加費

無料(どなたでもご参加頂けます)

参加手続き

事前の申込は不要です。

企画実施名義

法学研究科