総合政策学部イベント

2021年度 第4回FPS seminar series を実施します

日程
2021年12月22日(水)3限
場所
オンライン開催 Zoom
対象者

中央大学に在籍している者

FPS sminar series では、毎回異なるテーマで著名なゲストスピーカーを招聘し、テーマに関する講演を行っています。各分野のフロントランナーと直接意見を交わすことができる機会を学部独自に提供することで、より創造的な学生の育成を目指します。

テーマ『気候変動と世論、メディア』

今年8月に公表されたIPCC(国連の気候変動にかかる政府間パネル)が、気候変動は待ったなしの問題だと指摘する科学的知見をレビューしたレポートを公表した。2021年10月31日から開催されているCOP26の事務局によれば、現在各国政府から提出されている温室効果ガス排出削減目標では将来の気温上昇を1.5度以下に抑えることは無理であり、今以上の目標を定める必要があるという。この気候変動問題について、世論はどのような反応をしているだろうか?この世論形成に何が影響しているのだろうか。マスメディアの役割はこの点で非常に大きく、世論とマスメディアの動きを見ながら、気候変動問題のこれまで、とこれから、について論じます。

 

以下のスケジュールで講師をお招きし、講演後は質疑応答を予定しております。総合政策学部在籍の学生はもちろん、他学部の学生もご参加いただけます。皆さんの参加をお待ちしております。

【講演スケジュール】

 12月22日(水)3限

 講師:青柳みどり氏

 国立研究開発法人国立環境研究所社会システム領域脱炭素対策評価研究室 主席研究員

 東京工業大学環境・社会理工学院特定教授(連携併任)

お申し込み方法 ※社会学入門履修者は申込不要

お申込みはこちらから(中大生限定) ⇒https://forms.gle/n9dTFsFn9krS9QtG7

※全学メールにログインしないと申込できません。

青柳みどり氏 

【略歴】京都大学農学部農業経済学科卒業後、環境庁国立公害研究所(当時)研究員、主任研究員、室長を経て現職。ミシガン大学社会調査研究所訪問研究員、東京大学農学研究科連携併任准教授等を経て、現在、東京工業大学環境・社会理工学院特定教授(連携併任)。