英語文学文化専攻新着ニュース

2019年01月16日

文学部教授 大田美和の短歌が『サンデー毎日』で引用されました。

文学部教授 大田美和の短歌が週刊誌『サンデー毎日』(2018年12月30日号、12月18日発売)の松村由利子(歌人)の「短歌で読み解く平成」という記事の中で、引用されました。

離婚届を出しちまおうか大学での旧姓使用を否と言われる  歌集『水の乳房』(1996年)より

この記事は、震災、バブル崩壊、非正規雇用、女たちの平成、激動する世界とメディアというトピックを立てて、短歌を引用しながら、平成時代の日本社会を振り返ったものです。

http://mainichibooks.com/sundaymainichi/backnumber/2018/12/30/

バックナンバーをぜひお読み下さい。