教育学専攻新着ニュース

2016年07月28日

【新刊紹介】文学部教授 古賀正義 執筆論文「高校中退者問題と格差社会」収録『社会のなかの教育』

現在刊行中のシリーズ「岩波講座 教育 変革への展望」(全7巻)の第2巻として、

『社会のなかの教育』が刊行されました。

 

文学部 古賀正義教授が「Ⅱ教育と社会の新たな関係」のなかで

「5 高校中退者問題と格差社会」を執筆しています。

 

●『社会のなかの教育』

「岩波講座 教育 変革への展望」第2巻

 シリーズ編集委員:佐藤学,秋田喜代美,志水宏吉,小玉重夫,北村友人
 出版社:岩波書店

 体裁:A5判・上製
 定価:本体3,200円+税
 発行日:2016年6月29日
 ISBN:978-4-00-011392-2

 

内容情報----------------------------------

 

第2巻 社会のなかの教育

この20年ほどの間に日本社会は激変した。国民養成の装置、ないしは人材供給のパイプとして長らく機能してきた日本の公教育は今日、「不平等」や「排除」をキーワードとする、多種多様な人びとの間の生存競争のアリーナとしての様相を強めている。いかにして別様の教育システムをつくりだすことができるのか、現状を是正する方策と実践を提示する。


◇帯より

激変する社会と教育システムの接点をさぐる

格差と不平等が顕在化するなか、教育の役割と可能性はどこにあるのか

議論のベースとなる論考を集成

 

◇目次より

序論 社会のなかの教育………………………………………………(志水宏吉)

Ⅰ 現代社会を読み解く視座

 1 社会変動と教育

   ―グローバル化の中の選択…………………………………(広田照幸)

 2 戦後教育における「必要の政治」

   ―20世紀シティズンシップの拡張とその帰結……………(倉石一郎)

 3 教育政策とエビデンス

   ―教育を対象とした社会科学的研究の動向と役割…………(中澤渉)

Ⅱ 教育と社会の新たな関係

 4 格差・貧困から公教育を問い直す……………………………(山田哲也)

 5 高校中退者問題と格差社会……………………………………(古賀正義)

 6 教育と職業との関係をどうつなぐか

   ―垂直的/水平的多様性の観点から…………………………(本田由紀)

Ⅲ マイノリティと教育

 7 越境移動と教育

   ―トランスマイグラントの時代における自立の支え方……(児島明)

 8 部落問題と教育

   ―見えない排除…………………………………………………(高田一宏)

 9 震災と教育

   ―学校教育における「ヴァルネラビリティ」の所在………(清水睦美)