法学部新着ニュース

2016年08月01日

法学部の教授陣9名が共同で執筆した『高校生からの法学入門』(中央大学法学部編、中央大学出版部)を出版いたしました。

本学法学部より、『高校生からの法学入門』(中央大学法学部編、中央大学出版部)を出版いたしました。1人でも多くの 10代の若者に、法を身近に感じ法学という学問に興味をもってもらいたい。そんな願いのこもった一冊です。SNS、18歳選挙権、ブラックバイトなど、高校生でも身近に感じられる話題から、法学部で実際に教鞭をとる教授陣が読者の皆さんを法学の世界へ誘います。

 

~ はじめに より ~
そもそも、法を意識しながら日常を送っている高校生は、少ないかもしれません。しかし、実は、高校生の生活と法の距離は、それほど遠く離れているわけではありません。また、少し視点を変えれば、高校生活の中で、法そのものでなくても「法的なものの考え方」が活かせる場面は、たくさんあります。さらに、高校生のうちから法的な視点で直視してもらいたい社会問題も、たくさんあるのです。
本書を通じて、1人でも多くの 10代の若者が、そのような認識を共有し、自分と法との距離を自覚的に縮め、少しでも法学という学問に興味をもってもらいたい。そんな願いが、本書を構成する12の章には詰まっています。本書は、法的な知識がたくさん盛り込まれた専門書ではありませんが、読み終えたみなさんが、今、周りで起こっている問題について、自分自身で調べ、どのようにすればよいのかを考える気持ちになってくれるのであれば、それは執筆陣にとってこのうえない喜びです。

 

【著書情報】

 《タイトル》 「高校生からの法学入門」

 《執筆者》   中央大学法学部

          教授 遠藤 研一郎
          教授 川田 知子
          助教 柴田 憲司
          教授 田 淳
          教授 橋本 基弘
          教授 秦 公正
          教授 曲田 統
          教授 三浦 治
          教授 安井 哲章 (50音順)

         

 《出版社》   中央大学出版部

 《ISBN》   978-4-8057-2709-6