法学部やる気応援奨学金

重要なお知らせ

2021年5月28日更新

新型コロナウイルスの影響により、2021年度前期募集やる気応援奨学金 短期海外研修部門(国際インターンシップ)の募集を中止することに決定致しました。
ただし、今後の社会情勢により2022年春季に渡航可能となった場合は、本部門については2021年度後期募集で出願を受け付けることと致します。

2021年4月19日更新

新型コロナウイルスの感染拡大と各国政府の対応措置(入国・出国制限など)の影響を踏まえ、2021年度前期募集
海外語学研修部門(英語分野・ドイツ語分野・フランス語分野・中国語分野)については、募集を中止とすることに決定致しました。
また、一般部門についても前期募集は、海外渡航を伴う活動は中止とします。
※国内活動であれば応募可能です。

海外の大学などの教育機関や語学学校が提供するオンライン講座への受講を検討されている方は是非オンライン語学研修特別部門にご応募ください。詳細は募集要項のp.21、22をご確認ください。
(短期海外研修部門(国際インターンシップ)の渡航判断時期等については、別途担当教員による個別判断で決定致します。)

2021年2月8日更新

2021年度やる気応援奨学金については、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)による影響に鑑み、例年の6部門に加え、臨時の措置としてオンライン語学研修特別部門を設置しました。
オンラインでの語学研修を対象とした計画に対して、最高100,000円を支給します。
詳細は、募集要項のp. 20以降で確認してください。
2021年度は7つの部門の中から、自分の活動にあったものを選んで、チャレンジしてみてください。

あなたの将来の夢はなんですか?
そのために今やっておけること・必要なことはなんでしょうか?

やる気応援奨学金は、みなさん自身が自分の将来像について真剣に考え、さまざまなチャレンジを通してその夢を実現させるための能力や自信をつけてほしい、という願いから生まれた奨学金です。

自分でテーマを定め、情報を集めて活動の計画をたてる。それに基づいて詳細な計画書を作成し、プレゼンテーションを行う。実際にその計画を実行する。活動終了後には報告書の作成と報告会で成果を発表する。

…こうした一連のプロセスを経験することで、「プロジェクトを実行する」ために必要な能力を身につけるトレーニングができるのです。

奨学金は、活動内容によって5つに分類されています。

一般部門 あらゆる活動テーマを対象とし、最高1,000,000円
海外語学研修部門 海外での語学研修を中心とした活動(インターンシップ、フィールドワーク、ボランティア活動等も含む)を行う学生を対象とし、最高300,000円
長期海外研修部門 長期にわたり海外で勉学等に本格的に取り組みたい学生を対象とし、最高1,500,000円
短期海外研修部門 ・インターンシップ
法学部設置のインターンシップ関係科目を履修し、海外でインターンシップを行う学生を対象とし、最高250,000円
・アクティブ・ラーニング海外プログラム
法学部設置の国外派遣を伴う実習を含む授業科目を履修し、海外でフィールドワーク等を行う学生を対象とし、最高120,000円
法曹・公務員・研究者部門 司法試験や公務員試験の合格、あるいは大学院や専門職大学院への進学を目指している学生を対象とし、300,000円
オンライン語学研修特別部門 海外の大学等の教育機関や語学学校が提供するオンライン講座を受講する学生を対象とし、最高100,000円(2021年度のみ募集)

2021年度は上記部門の中から、自分の活動にあったものを選んで、チャレンジしてみてください。

今までの活動報告や、計画立案のヒントになる資料は法学部棟(6号館)2階のリソースセンターで閲覧できます。また、リソースセンターではやる気応援奨学金に関するアドバイスを行なっていますので、気軽にご相談ください。

…夢への一歩。今、ふみだしてみませんか?

この奨学金の一部は、奨学金の趣旨に賛同された多くの本学卒業生・学部教職員の寄付によって支えられています。

2020年度やる気応援奨学金の募集要項や、受給者による留学経験、奨学金受給までの流れについては以下をご覧ください。

2021年度法学部やる気応援奨学金募集要項(5月28日更新)(680KB)
法曹・公務員・研究者部門 研究者志望:別紙(131KB)

2018年度英語分野受給経験者による留学報告について(2.7MB)
2018年度ドイツ語分野受給経験者による留学報告について(905KB)

※2021年5月28日更新版