国際経営学部戸越達也

プロフィール

出身高校 私立鵠沼高校
所属サークルや課外活動等 水泳サークル
アルバイト 塾講師
趣味・特技 運動、読書、映画鑑賞

国際経営学部に入学を決めた理由を教えてください。

当初、商学部にも合格していたので、どちらの学部にしようか迷っていました。そのような折に、合格者向けガイダンスに参加しました。そこで、ある先生が「君たちは新しい歴史を作るチャンスを得た。一緒に歴史を作ってみませんか。」とおっしゃいました。この言葉がきっかけで、この学部の一期生として立派なグローバルパーソンになりたいと強く思うようになり、国際経営学部に入ることを決めました。

国際経営学部の授業を受けてみて感じたことや、興味を持ったことはありますか。

まず、自分の英語力不足を強く感じました。授業を理解するためのリスニング力の不足はもちろんですが、加えて高いスピーキング力が求められることにも悩まされます。聞きたいことをすべて英語で伝えることもとても難しく、伝えられない度に、努力しなければと思っています。また、短期留学のための授業である、「Global Studies」という授業を通して、長期留学や海外インターンシップに興味を持ちました。そして、海外経験や、他の学生があまりできないような経験を多く積み、この狭い日本だけではなく、世界全体を知り、今日の多様化社会でも活躍できる人間になりたいと考えるようになりました。

高校生に向けて、受験体験記や、合格の秘訣を教えてください。

僕は、恵まれたことに、予備校に通わせてもらっていました。しかし、予備校はあくまでも情報収集の場であるという考え方から、予備校に頼り切るのではなく、市販の問題集をメインに勉強していました。また、長い休みのある時には、どの問題集をどのくらいやって、いつまでに終わらせるのかという予定表を、自主的に作成して、モチベーションを保っていました。時に勉強がつまらなくなりそうなことも何度かありましたが、学校で友達と一緒に勉強するなどして、気持ちを立て直していました。合格の秘訣はまず、周りを意識するのではなく、自分の実力を正確に知って、目標まであとどのくらいのギャップがあるのかを確認し続けることだと思います。そして、気張りすぎないこと。やるときは人の何倍もやって、やらないときは何もやらない。これが、勉強を継続していく上で一番大切だと思います。

この4年間でチャレンジしてみたいこと、または成し遂げたいことは何ですか。

僕は、公認会計士を目指しています。そして、これを実現するための第一歩として、在学中に簿記の資格をすべて取りたいです。また、グローバルパーソンになるために、TOEICの勉強、留学や海外インターンシップへの参加、加えて学部の勉強、これらすべてを完璧にこなすことは容易ではありませんが、両立できるよう、精一杯努力し、成し遂げたいと思っています。

将来の希望進路を教えてください。

どんな人にも寄り添える会計士兼、社長になることです。父が税理法人を経営していて、いずれは継ぎたいと考えています。そのため、それに見合う器になるために、これから多くの人に出会い、様々な経験をし、様々な考え方を知りたいです。自分一人では経験できることが限られていますが、人の経験を自分の経験とすることで成長できます。また、様々な考え方を知ることができれば、様々な人の悩みに対して、一番近いところに寄り添って答えを出してあげることができると思います。だからこそ、英語を使って世界中の人と関わり、もっともっと多くの人の経験や考え方を知っていきたいです。しかし、どれだけ自分が成長しても、他人に発信できなければ意味がないので、同時に発信力を持った人を目指していきたいです。

高校生に向けて、メッセージをお願いします。

受験はつらいこともあると思いますが、努力して乗り越えれば必ず成長できる!「賢い人が受かるのが受験」と僕の恩師が言っていました。受験を通して賢くなって、ぜひ一緒に切磋琢磨し、世界で活躍できるグローバルパーソンを目指そう!待ってます!!