経済学部新着ニュース

2021年02月08日

【経済学部】2021年度授業実施方針について

2021年度 経済学部における授業実施方針について

経済学部長 山﨑 朗

2021年2月1日付の全学方針に基づき、2021年度の経済学部における授業は、以下の方針で実施することとします。

  1. 2020年度入学生と2021年度入学生がキャンパスで授業を受けられる機会を得られることを念頭に、科目の特性や密にならない環境を担保するなど安全面を総合的に考慮した結果、下記の科目を面接授業の対象とします。ただし、担当教員の健康上の理由等により、遠隔授業として実施するクラスもあります。
    詳細は、3月下旬にC plusにて公開予定の2021年度授業時間割を確認してください。

    【1年次配当】

    入門演習、総合教育科目演習Ⅰ、ビジネス・プロジェクト講座、キャリアデザイン、入門ICT演習、入門統計演習、外国語科目、健康・スポーツ実習科目

    【2年次配当】

    演習1、総合教育科目演習Ⅱ、海外インターンシップ演習、情報科学、外国語科目、健康・スポーツ実習科目

    【3年次配当】

    演習2、クラスター演習、インターンシップ、ICTスキル、システムデザイン、ICT応用演習、応用統計、データ分析演習

    【4年次配当】

    演習3

    ※その他、履修者50名以下の講義科目(担当教員の判断による)

  2. 上記1.以外の科目については、以下の類型のいずれかによる遠隔授業を実施します。
    1. 双方向型(リアルタイム型)授業:webexやzoom等のICTツールを活用し、 教員と学生が異なる場所にいても同時・ 双方向で実施できる授業。
    2. 動画配信型(オンデマンド型)授業:授業を録画し、オンライン上で動画を提供したのち、教員と学生の間でメール等 を用いて質問や議論を行う授業。
    3. 資料配信型授業:ナレーション付きの授業資料(パワーポイント等)を作成し、オンライン上で提供したうえで、教員 と学生の間でメール等を用いて質問や議論を行う授業。
  3. 面接授業の実施に際しては、教室定員の制限(原則として50%上限)、アルコール消毒液・除菌シートの設置、教室内の換気、マスク・フェイスシールドの着用等、感染防止対策を徹底します。
    学生の皆さんに順守していただきたい行動指針はこちらから確認してください。
  4. 面接授業として実施する場合でも、事情により通学できない学生(本人の基礎疾患や高齢家族が同居している等)に配慮し、遠隔システムを利用したハイブリット型の授業を実施します。
  5. 感染状況によっては、上記の方針を見直す可能性があります。変更が生じた際は、速やかにC plusやmanabaを通じて周知しますので、大学からの情報、経済学部からの情報に常に留意するようにしてください。

以上