経済学部新着ニュース

2018年10月17日

【ゼミ】経済学部佐藤拓也ゼミ学生 村上竣一さんが、福島県主催の「ふくしまに来て、見て、感じるスタディーツアー」に、参加しました

現地で桃狩りをしました

 

 

 

 

 佐藤拓也ゼミでは、ゼミ長の村上竣一君(4年生)が、9月4日~9月6日の期間に福島県主催の「ふくしまに来て、見て、感じるスタディーツアー」に、参加しました。また、9月21日に東京で合同成果発表会を行いました。これは、首都圏と福島県の大学生が、福島の魅力を発信し風評払拭と風化防止を図る、福島県主催の学習活動です。 

 

 スタディーツアーのコースは全部でA~Eがあり、佐藤拓也ゼミではDコースを巡りました。Dコースは観光の魅力を伝えることがテーマであり、福島県北エリアの、岳、土湯、高湯、飯坂の4大温泉地と食とを主に体験しました。

 合同成果発表会では、訪問の成果、福島の風評を払拭するための提案、情報発信の方法などを、コース単位で発表し、福島についての理解を深めました。また、村上君は成果発表会全体の司会も務めました。