経済学部新着ニュース

2018年08月31日

【ゼミ・グローバル】経済学部グローバル・リーダーズ・プログラム(GLP)の鳥居伸好ゼミがマレーシア科学大学で研究交流を行いました。

 GLP鳥居伸好ゼミ生6名は、2018823日から828日の日程で、マレーシア・ペナンで2班に分かれ、それぞれ「ペナンにおける人に優しい交通体系のあり方」「ペナンでの日系企業の役割と課題」というテーマで海外フィールドワークを実施しました。そのフィールドワークテーマに関して、825日にはマレーシア科学大学で研究交流会が開催され、大学所属「日本文化センター」所長によるテーマに関連する講義を受けるとともに、現地の大学生とフィールドワーク内容についての意見交換が行われました。GLPゼミ生としてグローバルな人間力向上を目指という自覚と信念を持って、大学や街中、モスクなどでヒヤリング調査を中心とするフィールドワークが積極的に展開されました。