映像言語メディアラボ新着ニュース

2019年06月07日

教員用コピー機の取り扱い変更について = Change in regulations regarding use of copier in the office.

当事務室内に設置してあるコピー機は、授業中または授業開始前に必要となった補助教材(研究・教育用資料ではありません)の印刷用として設置しています。本学の授業用補助教材印刷基準では、“専任教員または兼任教員が、授業に使用するために補助教材を印刷する場合は受託印刷を行う。受託印刷の受付窓口は、受講学生が所属する各事務室とする。”となっておりますので、補助教材の印刷は原則的には学部事務室にお申し出ください。

本年後期より、コピー申請書を起票提出していただいたうえで、部門カードをお渡しする方式に、変更することといたします(セルフコピーは変更ありません)。なお、一度にコピーできる枚数を設定することもございます。

 

The purpose of this copier is for urgent copying of classroom materials for use during class and not for documents related to research or education beyond classwork. According to standard school practice, instructors should ask the administration office staff when making copies.

We would appreciate it if you would restrict your use of this copier to urgent copying of classroom materials only. From the autumn semester of this year, we ask that you fill out a request form and submit it to our staff when using this copier. Then we will hand over a copy card. After you finish making copies, please return the card. Note that we may also place a limit on the number of copies.