情報環境整備センター

Windows 8.1サポート終了について

2022年11月16日

Microsoft社によるWindows 8.1のサポートは、 2023 年 1 月 10 日をもって終了となります。
今後新たなセキュリティ上の問題が発見された場合でも、修正・更新プログラムは提供されません。ウィルスやマルウェア感染等のセキュリティリスクが高くなり、以下のような被害にあう恐れがあります。そのためサポート終了期日までに、Windows 10/11への移行をご検討ください。

【セキュリティ被害の例】
・サイバー攻撃による「情報漏えい」等
・フィッシング詐欺等による「金銭被害」 等


<参考>
Microsoft Windows8.1サポート終了関連ページ
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/end-of-support

 


 

教職員各位

 

<OSのアップグレードについて>

[教職員・公費PCの場合]

本学は、Microsoft 教育機関向け総合ライセンス契約(EES)で Desktop Education という製品のライセンス契約をしているため、契約期間中は本学の公費で購入・レンタルしているPCや教職員が所有するPCに、Windows OSのアップグレード等を行うことができます。

詳細は、こちら(学内限定)からご確認ください。

 

[専任教職員・私費PCの場合]

教職員Work at Home ( EES契約に付随するオプション)で、教職員が研究教育目的のために利用する私物PC に、Windows OSのアップグレード権等が提供されます。

詳細は、こちら(学内限定)をご確認ください。

※Windows 11 を PC にインストールするための最小システム要件は、こちらでご確認ください。
 お使いのデバイスがこれらの要件を満たしていないと、Windows 11 をインストールできませんので、十分ご注意ください。

ソフトウェア入手費用は自己負担で購入していただきます。 また、インストール時の不具合などについては責任を負いかねますので、十分注意して作業を行ってください。

 

 

学内限定ページを学外から閲覧する場合は、SSL-VPN接続をご利用ください。