情報環境整備センター新着ニュース

2021年10月04日

【注意喚起】標的型の迷惑メールにご注意ください

ランサムウェアやウィルスファイルを添付して、特定の組織や個人を標的にしたメールを送付される事例が増えております。
被害を受けないための注意喚起を行っておりますので、詳細はこちらをご確認ください。

学内で下記のメールがユーザーに届いていると報告がありました。
メール本文に記載されているURLは絶対に開かないようにお願いいたします。


Subject:​​​​​​​【重要】2021年10月4日月曜日のサービス復旧の通知。

本文:

お客様各位

平素は弊社tamacc.chuo-u.ac.jpインターネットサービスをご利用いただきまし
て誠にありがとうございます。

2021年10月3日日曜日の20:00から、以下のターゲットサーバーを使用しているお
客様は断続的な障害が発生します。


■対象サーバー
Tamacc


■原因
ハードウェア障害


発生したものの、2021年10月4日(月)午前8時頃に復旧工事が始まりました。
ウェブメールサービスを復元するには、次のURLを参照してください。

https://************.com/service/hosting/mail?********

今後もお客さまの期待と信頼にお応えするため、運営ならびにサービスの充実に
専心努力してまいりますので、何とぞご理解を賜りますようお願い申し上げます。


 

ITセンターから上記のメールを送付することはありませんのでご注意ください。

また、ネットワーク社会で被害を受けない、トラブルを起こさないための必要な知識、法律、マナー等を4~5時間程度の学習で身につけるためのe-Learning教材(=INFOSS情報倫理)を用意しています。
本学学生、教職員の皆さまについてはmanabaからINFOSS情報倫理の受講が可能ですのでご利用ください。