ファカルティリンケージ・プログラム(FLP)新着ニュース

2015年09月30日

FLP松野ゼミが制作した映像作品2本が、ヒューマンドキュメンタリー映画祭で入賞

FLPジャーナリズムプログラム松野良一ゼミが制作したドキュメンタリー2作品が、このほど開催されたヒューマンドキュメンタリー映画祭(阿倍野)で入賞しました。

 

<入賞作品の内容>


「青い目の人形プロジェクト」(17分)
1927年に日米友好のため、13000体の青い目の人形が日本に贈られてきた。しかし、太平洋戦争中には、敵国人形として大量に破壊された。そんな状況下、多摩地区の2小学校(八王子八小、檜原小)では、88年間も保存され続けてきた。「青い目の人形」をめぐる人間ドラマを、多摩と米国の取材を踏まえて制作したドキュメンタリー。

<ナレーション>

押本 拓己(経済学部4年) 

<制作補>

添川 隆太(総合政策学部3年) 福田 紗友里(総合政策学部3年) 大関 宏紀(法学部2年)

住田 達(総合政策学部2年)  名越 大耕(経済学部2年)

<制作プロデューサー>

松原 美也(経済学部2年) 

<ディレクター>

石田 洋也(総合政策学部4年) 幸田 遥平(法学部4年) 森 亮介(法学部4年)

 

「飛行機の神様~元一式陸上攻撃機パイロットと空の記憶」(16分)
現在、世界最高齢のプロパイロットとして活躍する東京都町田市在住の高橋淳さん(92)。第二次世界大戦中は海軍の一式陸上攻撃機のパイロットを務め、南方戦線を歴戦。一時は特攻隊に入るが計画は中止。沖縄攻撃部隊唯一の生き残りとなり終戦を迎えた。戦後は現在に至るまで、赤十字飛行隊の隊長として様々な災害現場の救援活動にあたっている。戦中・戦後の空を飛び続けてきた高橋さんと空の記憶に迫った。

<ナレーション>

佐伯 綾香(文学部3年)

<制作補>

堀内 新(経済学部3年) 本庄 真衣(法学部3年) 渡邉 日菜(総合政策学部3年) 

尾崎 梓(法学部2年) 松原 美也(経済学部2年) 押本 拓己(経済学部4年)

<制作プロデューサー>

福田 紗友里(総合政策学部3年) 

<ディレクター>

笹沼 麻奈美(総合政策学部3年)

 

※学年はすべて、制作当時のものです。


<中央大学総合政策学部 松野良一研究室>
TEL : 042-674-4169、e-mail : matsuno△fps.chuo-u.ac.jp △を@マークに変換してください。
<「ヒューマンドキュメンタリー映画祭」サイト>

http://hdff.jp/2015/contest2015
<受賞作品の視聴について>
下記ホームページでも作品(ショートバージョン)が、ご覧になれます。
「多摩探検隊」 http://www.tamatan.tv/archives/