ファカルティリンケージ・プログラム(FLP)受講までの流れ

応募から履修登録までの流れ ※下記<>内の日程はすべて予定です。

1. 総合ガイダンス <6月下旬>

総合ガイダンスでは、FLPの概要と今後のスケジュールについて説明します。

2. プログラム別ガイダンス <9月下旬>

プログラム別ガイダンスでは、「募集要項(エントリーシートを含む)」等を配布し、各プログラムの教育システムと今後の手続きについて説明します。

3. 学生相談会 <10月上旬>

FLP履修生が、直接、相談に応じる場を設けます。

4. ゼミ見学・説明会 <10月上旬>

演習ごとの選考試験を行うプログラムにおいては、エントリーシートの提出に先立ち、募集予定の演習ごとにゼミ見学会や説明(質問)会などを実施します。参加の有無が選考に影響することはありませんが、3年間のゼミを決める大事な機会になります。興味のあるテーマのゼミ見学会、説明会等には必ず参加するようにしてください。

5. エントリーシートの提出 <10月中旬>

履修を希望するプログラムの「エントリーシート」を全学連携教育機構事務室又は理工学部事務室まで提出します。(※複数プログラムへのエントリーは不可)

6. 履修者の選考及び決定 <10月下旬(選考開始)~12月上旬(合格者発表)>

提出されたエントリーシートにより書類選考及び面接試験等を行い、履修者を決定します。

7. 成果報告会参加 <12月中旬>

合格者については、各プログラム成果報告会に原則として、参加してもらいます。
これは、各プログラムの学修内容を知ってもらうとともに、各プログラム上級履修生との交流を目的としています。

8. 履修ガイダンス <3月下旬>

履修ガイダンスでは、履修要項等を配布し、FLPを履修登録するにあたっての注意やFLPを履修する上での設備等の詳細な説明を行います。

9. 履修登録 <4月>

【講義科目】
所属学部に設置されている授業科目の履修登録は、所属学部が定める方法に従い(原則としてC plus)、定められた履修登録期間内に手続きを行ってください。なお、一部の科目については、所属学部の科目であっても、通常の手続き方法では履修登録ができないこともありますので、その場合は、所属学部事務室に問い合わせてください。
他学部に設置されている授業科目の履修登録については、所属学部事務室に問い合わせた上で、指示された方法に従い、他学部履修登録期間内に手続きを行ってください。
同一名称の授業科目は、設置学部が異なっても履修年度を問わず1科目しか履修登録できません。
【演習科目】
演習科目の履修登録は、自動登録となります。
履修登録を行う講座(ゼミ名)については、3月中旬に「講座決定通知」において、「履修ガイダンス」に先立ちお知らせします。

10. 履修登録の確認 <4月>

C plus上にて、FLPとして登録した講義科目と演習科目を履修届チェックリストで確認してください。なお、エラー表示があった場合は所属学部事務室の指示に従って、修正手続きを行ってください