全学連携教育機構(全学的教育プログラム)新着ニュース

2014年01月20日

FLPジャーナリズムプログラム松野良一ゼミが、「筑紫哲也賞」を受賞しました

中央大学FLPジャーナリズムプログラム松野良一ゼミが制作したドキュメンタリーが、東京ビデオフェスティバル2014(審査員:大林宣彦、高畑勲監督など)において、「筑紫哲也賞」を受賞しました。国内外から寄せられた172作品の中から選ばれました。

「筑紫哲也賞」は、故 筑紫哲也氏のご遺族により選出。ジャーナリスティックな視点が特に優れた作品に贈られる賞です。

<受賞作品の内容>
「ノネコの引っ越し作戦~海を越えて命を守る~」(10分)
美しい自然を持ち、世界自然遺産にも登録されている小笠原諸島。そこに生息する希少種が生存の危機にさらされていた。原因は、「ノネコ」。約200年前にペットとして持ち込まれたネコが、太平洋戦争で住民が疎開後に野生化。小笠原の固有種を捕食し始めた。このため、一時はノネコを捕獲し安楽死させることを検討。しかし、相談を受けた東京都稲城市の新ゆりがおか動物病院の院長、小松泰史さん(55)が、本土にノネコを輸送し、飼い猫にする「ノネコの引っ越し作戦」を考案。小笠原の希少種とノネコの両方の命を守る同作戦に密着したドキュメンタリー。多摩と小笠原の2箇所でロケを敢行した。
 

<制作スタッフ> 
AD:石田 洋也(総合政策3年)、押本 拓己(商3年)、幸田 遥平(法3年)
語り:三橋 真紀子(商3年)
制作プロデューサー:大谷 観(法3年)
番組プロデューサー:岡田 紗由香(法3年)

<問い合わせ先>
中央大学総合政策学部 松野良一研究室
TEL : 042-674-4169     MAIL : matsuno@fps.chuo-u.ac.jp

受賞作品は、下記のホームページにて配信しています。
<「多摩探検隊」ホームページ>    http://www.tamatan.tv/archives/20130901_noneko/

<参考サイト>
東京ビデオフェスティバル http://tvf2010.org/