「中大スポーツ」新聞部ニュース

フェンシング部 全日本学生フェンシング選手権大会(エペ個人)

11月14日 京都・大山崎体育館
エペ個人、簾内まさかの優勝

決勝で得点を決め、喜びをあらわにする簾内

 フルーレを専門とする簾内長仁(理工1)がエペ個人で優勝を果たした。専門外種目での活躍で会場を沸かせた。また、昨年3回戦で敗退した水口紘希 (法2)はベスト8進出と成績を伸ばした。同種目にはプール予選を勝ち抜いた水口、簾内、河西翔平(理工1)が出場。河西は1回戦からエントリー。残り二人はシードで2回戦からの出場となった。
 河西は初戦で東大の佐藤を15―10と抑え込むも、2回戦で加藤(法大)に競り負けてしまう。一方、水口と簾内は破竹の勢いでベスト8まで駒を進めた。
 準々決勝、水口は谷口(専大)との試合を序盤から有利に進める。11点目の時点で4点リード。しかし、その後が続かず8点連取を許し、11―15と逆転敗けを喫してしまう。「同期の武田(慶大)と山田(日大)の試合が気になり集中できなかった。勝てる試合を落としてしまった」(水口)。
 一方、簾内は島田(防衛大)との準々決勝を15―9で通過し、この種目で唯一準決勝に駒を進めた。

3回戦で坂野(明大)と対戦する水口

 藤倉(法大)との準決勝は大接戦となった。4点を先取で好スタートを切るも、中盤からじわじわと追い上げられた。積極的に攻撃を仕掛けるが、守備が手薄となる間合いを読まれ、11―12と逆転を許す。すぐに取り返すも互角の戦いが続き、14―14と一本勝負に持ち込まれた。
 緊張の場面にも「負けてもしょうがないくらいの気持ちだった」。最後の一本を、気負わず抑えた。「スピードと突きでは負けない自信があった」。簾内に引け目はなく、続く決勝も武田(慶大)を相手に15―9で快勝した。
 簾内自身も予想しないまさかの優勝だった。「エペ人にエペで戦っても勝てない。やりづらさで勝負した」。あえてフルーレの戦術で挑んだことが奏功した。
 チームメイトたちは驚きを隠せなかった。 「同期として嬉しく思うが、エペ人からすると悔しい」(水口)と戸惑う声も。専門外種目での優勝なだけに簾内の心境も複雑だ。「水口に勝ち上がってほしかった」と仲間への気遣いを見せた。
 最終日にはエペ団体戦が控える。優勝したとはいえ、簾内はフルーレの選手。「今後のことを考えるとフルーレ人に頼るのはどうなのか」(水口)。エペ人のみで臨むのか、簾内も加えるのか。エペ団体のチーム編成に注目だ。

◆大会結果
 1回戦
○河西15―10佐藤(東大)●
2回戦
○簾内15―8新井(東農大)●
○水口15―14小林(近畿大)●
●河西13―15加藤(法大)○
3回戦
○簾内15―9加藤(法大)●
○水口15―10坂野(明大)●
準々決勝
○簾内15―9島田(防衛大)●
●水口11―15谷口(専大)○
準決勝
○簾内15―14藤倉(法大)●
決勝
○簾内15―8武田(慶大)●

写真・記事:「中大スポーツ」新聞部