募金のご案内新着ニュース

2020年06月19日

「新型コロナウイルス対策支援奨学金」へのご支援のお礼とお願い

「新型コロナウイルス対策支援奨学金」へのご支援のお礼とお願い

 

学校法人中央大学

理事長 大村 雅彦

 

 この度の新型コロナウイルス感染症拡大による様々な被害を受けたすべての皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

 本学では、新型コロウイルスの影響により経済的に困窮している学生への支援を強力に実施するべく、「新型コロナウイルス対策支援奨学金」募金(中央大学サポーターズ募金)を開始し、広くご協力をお願いしましたところ、大変多くのご支援を賜りました。特に若い世代の学員(卒業生)からは、中央大学Web募金サイトを中心に、多数の寄付お申し出を頂戴しております。

 同時に、中央大学学員会(本学の卒業生組織)のご協力により、いつも本学を支えて下さる支部役員等の方々からのご寄付や、中央大学父母連絡会(本学の在学生父母組織)の各団体からのご支援も賜っております。

 皆様の温かいご支援に心から御礼申し上げたいと存じます。誠にありがとうございます。

 

 さて、既にお知らせしておりますとおり、本学は学修環境整備など新たな経済的負担を迫られている学生への特別支援策として、学生1人あたり5万円の特別支援措置(総額13億円)を決定し、現在、全対象学生から申請を受け付け、6月12日から所属学部毎に順次給付を開始しました。

 さらに、より一層経済的に困窮している学生を対象に、経済援助奨学金募集要項(COVID-19家計急変)を定め、学生が不本意にも経済的な理由により修学を諦めることのないよう、新たな奨学事業として6月19日より募集を開始しました。給付金額は学部毎に約15万円から22万円とし、審査の上で給付します。この新たな奨学金は、国による高等教育修学支援新制度等と対比しながら、さらに支援を必要としている本学の困窮学生へ給付できるような奨学制度として整備しました。

 

 このたび緊急事態宣言は解除されたものの、その期間が2か月近くに及び、前期授業のすべてがオンライン開講となる中、アパートの通信環境の整備、学費を工面している学生のアルバイト先の休業、御父母をはじめとする学費負担者様の家計急変など、さまざまな影響が既に出ております。また、第2波、第3波の感染症拡大も懸念される状況下で、影響が長期的に及ぶことも想定されます。

 

 このような中、現在も本学は学員をはじめとする皆さまのご支援、ご寄付を必要としております。本学の学生が不本意にも経済的な理由により修学を諦めることがないよう、多くの方から少しのお気持ちを、「新型コロナウイルス対策支援奨学金」へ格別のご支援としてご協力を賜りたく、改めてお願い申し上げます。