大学の取り組みボランティア活動

2013年01月23日

【募集】春季被災地支援ボランティア活動(※1/30更新)

中央大学学生部では、東日本大震災以降、夏・春・冬の休暇期間中にボランティア活動を実施してきました。現地の状況が、「特定の地域と長期的な関係を構築する」局面に入っていることに鑑み、2012年度からは、現地の方々から信頼されている中大生による学生団の活動を後方支援する形を中心にし、ときに学生部主催の活動を織り交ぜています。
春季休業期間中(3月)にも、同様の形で被災地支援ボランティア活動を実施
します。詳細は未定の部分もありますが、まずは2月4日(月)に説明会を開催しますので、参加を考えている方は是非、お越し下さい。
※説明会の詳細は、下記のリンク先にてご確認ください。

☆春季被災地支援ボランティア活動について☆
<日程>
2013年3月(実施期間については検討中)

<活動場所>
陸前高田市、気仙沼市、宮古市、相馬市

<予定している活動>
学生団体「はまらいんや」: 面瀬中仮設住宅におけるコミュニティ支援活動
学生団体「はまぎくのつぼみ」: 宮古市における学童保育支援活動など
学生団体「チーム次元」: 気仙沼市大島における学習支援、漁業支援活動など
学生団体「和みの輪」:福島県相馬市における地域再生活動など
学生部主催: 陸前高田市「熱血!気仙塾」(地域資源の調査・提案活動)
学生部+学生団体「面瀬学習支援」: 気仙沼市面瀬小学校における総合的な学習プログラム「子ども気仙沼学」の企画と運営、子どもの学習支援

<活動参加条件>
・本学学生
・保護者の承認を得られること
・2月4日(月)の事前説明会に参加すること
※説明会に参加出来ない場合は相談に応じますので、事前にご連絡ください。
なお、学生団体の活動に参加したい場合は、直接団体への連絡可能です。団体の連絡先についても、学生課までお問い合わせください。

<費用>
交通費、宿泊費の一部補助予定

※学生部企画の詳細については、添付ファイルにてご確認ください。(※1/30更新)

<問い合わせ先>
学生課:042-674-3467