広報・広聴活動プレスリリース

2018年08月22日

イノベーション・ジャパン2018~大学見本市&ビジネスマッチング~
本学から5件の研究成果を出展

 中央大学(所在地:東京都八王子市、学長 福原 紀彦)は、来たる8月30日から2日間行われるイノベーション・ジャパン2018に、「大学組織展示」(分野:感性認知工学)、「大学等シーズ展示」4 件(分野:マテリアル・リサイクル、低炭素・エネルギー、ライフサイエンス、医療)の合計 5 件の研究成果を出展いたします。
 イノベーション・ジャパンは、大学等の研究成果を社会に還元するきっかけの場として毎年2万人以上の企業関係者が来場する、日本最大の産学マッチングイベントです。

 

 会場では、本学の組織展示、研究シーズを展示し、研究者・学生が来場者の皆様に最新の技術を直接説明するほか、大学組織展示では特設会場で研究者がプレゼンテーションを行います。

 イノベーション・ジャパンにお越しの際は、ぜひ中央大学の各ブースへお立ち寄りいただければ幸いです。
 出展概要は下記の通りです。

 

イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~ 開催概要

日 程:8月30日(木) 9:30~17:30、8月31日(金)10:00~17:00
場 所:東京ビッグサイト(東京国際展示場)西展示棟 西1ホール(江東区有明3-11-1)
参加費:無料
主 催:科学技術振興機構(JST)、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
共 催:文部科学省、経済産業省

 

中央大学 出展内容

組織展示

教員 出展分野 テーマ
加藤 俊一 教授(理工学部経営システム工学科)
檀 一平太 教授(理工学部人間総合理工学科)
新妻 実保子 准教授(理工学部精密機械工学科)
感性認知工学
(小間番号:U-54)
感性と認知の個人特性を知って
QOLを向上

※出展エリア:大学組織展示ゾーン / プレゼンテーション:8月30日(木) 11:10 - 11:30 (西1-B会場)

 

シーズ展示

所属 教員 出展分野 テーマ
理工学部
人間総合理工学科
山村 寛
准教授
マテリアル・リサイクル
(小間番号:Z-10)
海水淡水化膜のアップデートリサイクル技術
理工学部
応用科学科
小松 晃之
教授
ライフサイエンス
(小間番号:L-16)
人工酸素運搬体(赤血球代替物)‟ヘモアクト™”
理工学部
精密機械工学科
松本 浩二
教授
低炭素・エネルギー
(小間番号:E-10)
長期冷蔵輸送を可能にする
O3マイクロバブル含有氷とその連続製造装置
理工学部
情報工学科
鈴木 寿
教授
医療
(小間番号:W-10)
任意ステレオ内視鏡手術動画深度計算下4K裸眼3D視

※出展エリア:大学等シーズ展示ゾーン

 

展示のみどころ

「感性と認知の個人特性を知ってQOLを向上」(分野:感性認知工学)

個人の日常の行動や主観的な判断の事例を観察・計測・収集(パーソナルなビッグデータ化)・分析することを通じて、主観的な興味関心や嗜好の認知的感性的な特徴、また、様々な状況下での行動パターンの傾向をモデル化する技術を紹介します。そのモデルに基づいて、感性に働きかけるマーケティングと屋内環境のデザイン、内発的動機付けによる健康支援、産業ロボットと空間を共有する安全な作業支援などに応用する事例を紹介します。

 

「海水淡水化膜のアップデートリサイクル技術」(分野:マテリアル・リサイクル)

実際にタイで回収した使用済みRO膜を展示します。また、耐バイオフィルム特性を付与した使用済みROを展示します。バイオフィルム耐性性能を実際にご確認ください。

 

「人工酸素運搬体(赤血球代替物)“ヘモアクト™”」(分野:ライフサイエンス)

人工酸素運搬体‟ヘモアクト™”の製造方法、分子構造、溶液物性、酸素結合能について、パネルを用いて詳しく紹介します。また、電子顕微鏡観察の結果から再構成した分子の三次元立体構造を動画でお見せします。さらに、実際の製剤サンプル(ガラス瓶に入った赤色のヘモアクト™溶液)も展示します。

 

「長期冷蔵輸送を可能にするO3マイクロバブル含有氷とその連続製造装置」
(分野:低炭素・エネルギー)

本展示では,生鮮食品の鮮度保持に対して様々な優位性を示すオゾンマイクロバブル含有氷の有効性の実証例(オゾンマイクロバブル含有氷による魚の鮮度保持効果,イチゴのカビ防止効果およびオゾンの魚油に対する酸化特性の評価)とオゾンマイクロバブル含有氷から生成した疑似氷スラリー中のオゾン濃度の特性とその連続製造装置での製氷の様子を,ポスターやPCでの動画で詳しく紹介します。

 

「任意ステレオ内視鏡手術動画深度計算下4K裸眼3D視」(分野:医療)

過去に同系展示を行う中、(1)一般のステレオ録画機による開腹手術記録動画から深度計算し裸眼3D表示、(2)特定のステレオ内視鏡出力からのそれ、(3)任意のステレオ内視鏡手術記録動画のコンピューター画面からステレオ画像をキャプチャーのうえ深度計算し裸眼3D表示、のように高度化した一方、3D表示装置の性能も向上しており、本来狭視野な内視鏡手術を、開腹した感覚で裸眼3D観測できるダイナミックな展示を約束します。

 

<本件に関するお問い合わせ>

  中央大学研究支援室

   TEL:03-3817-1600

 

<取材に関するお問い合わせ>

  中央大学広報室

   TEL:042-674-2050

   Email:kk@tamajs.chuo-u.ac.jp