広報・広聴活動プレスリリース

2013年03月19日

シンポジウム「グローバル人材が求められる局面-事態を乗り切るスキルと人間力」を開催いたします

 国際的な存在感と地位の低下が続く日本にとって、グローバル人材の育成は焦眉の急です。グローバルに活躍するとは具体的にどういうことなのか?そのためにはどのような能力が必要なのか?海外事業を展開する企業が直面する課題に、グローバル人材育成を推進する大学の対応をお示しします。大学のグローバル人材育成の取り組みをご覧いただき、企業の採用活動や高校の進路指導にお役立て下さい。

 

【開催概要】

*シンポジウムの模様を当日Ustreamでも配信します。

<日時> 2013年3月26日(火)13:00~17:00(懇親会17:30~)

<会場> 中央大学駿河台記念館370号室(東京都千代田区神田駿河台3-11-5)

<主催> 中央大学

<共催> 国際基督教大学、東京工業大学、筑波大学 他

<参加費> 無料 ※懇親会は有料¥3,000(税込)、会場は同じ建物です。

<定員> 150名(先着順)

<申込> 下記のリンクより、お申込みフォームに必要事項を入力の上、お申込みください。

     ※取得した個人情報はシンポジウムの案内以外には使用しません。

<お問い合せ先> 中央大学グローバルシンポジウム事務局

            global-toiawase☆tamajs.chuo-u.ac.jp(☆を@に変えてください)

 

【プログラム】

○主催者挨拶 中央大学総長・学長 福原紀彦

○基調講演

 Global Perspective: Strategy for attracting and retaining the top global talent

 「グローバル時代の人材戦略: 求められるグローバル人材像と育成・開発方法とは?」

 ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社 マネージャー 田上セーラ    

○課題提示と対応1

 「世界に通用する日本人総支配人の育成」

 国際基督教大学 学務副学長 森本あんり/ヒルトン・ワールドワイド人事業務統括本部長 麻生周治

○課題提示と対応2

 「新興国支援に必要な我が国エンジニア教育」

 東京工業大学特任教授 横倉順治/八千代エンジニヤリング株式会社 常務取締役国際事業本部本部長 小宮雅嗣

○課題提示と対応3

 「グローバル化が深化する総合商社からの大学に向けたメッセージ」

 筑波大学 副学長 辻中豊/双日株式会社 顧問 田邉弘幸

○課題提示と対応4

 「コンテンツ産業におけるグローバルな契約問題」

 中央大学 副学長 佐藤信行/Ustream Asia株式会社 マネージャー 芦澤慎一

○パネルディスカッション

 コーディネーター 中央大学法科学院教授 弁護士(森・濱田松本法律事務所) 野村修也

○閉会の挨拶 中央大学副学長 若林茂則

○懇親会(17:30~19:30)

 

*本シンポジウムの詳細は、下記リンクをご覧ください。

 

シンポジウム詳細(http://globalization.chuo-u.ac.jp/symposium/)