• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

日本比較法研究所
共同研究グループ

研究テーマ

[ 高等教育に関する法と制度の比較研究 ]

(代表:早田 幸政)
2015.2.20(承認)
2015年度(開始)
○比較高等教育法制研究会

研究の目的

日本の高等教育は、近代化の過程で諸外国をモデルと参考としつつ構築され、高度に発展してきたが、今日グローバル化を背景として、大きな法・制度の変動に直面している。そこで、本共同研究では、諸外国の高等教育に係る法と制度を比較の視点で調査研究するのみならず、教育学あるいは教育制度論といった隣接学問分野との連携により、日本の高等教育に関する法と制度の位相を明らかにし、その向上に貢献するものである。

研究活動及び成果

総括

本プロジェクトは、グローバルに展開する高等教育の質保証のための評価システムとアクレディテーション基準の調査研究を行うことを目的としている。2017年度は、最初に、現下の我が国高等教育に係る法制と政策について共通認識を醸成した。次いで、アメリカのアクレディテーション・システムの考察を、「全米公共政策教育アクレディテーション協議会(NASPAA)」の傘下にある公共政策大学院の内部質保証の実相の把握を通して行った。さらに、ASEAN圏における国境を越えた高等教育の動態を、「高等教育資格枠組み」の活用を含む「ラーニング・アウトカム・アセスメント」の視点から検証した。

学術雑誌

早田 幸政「第3期認証評価の展望」『IDE現代の高等教育』第595号(2017年11月)

口頭発表

2018年 1月 プロジェクト研究会 佐藤 信行「大学マネジメントに関する大学法制の趣旨とその運用」

2018年 3月 プロジェクト研究会(1) 佐藤修一郎「高大接続改革に関する現状と政策上の課題」

2018年 3月 プロジェクト研究会(2) 堀井 祐介「教学マネジメントと認証評価基準」