• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

日本比較法研究所
共同研究グループ

研究テーマ

[ アメリカ統一商事法典(UCC)研究 ]

(代表:伊藤 壽英)
1998.2.13(承認)
1998年度(開始)

研究の目的

UCCのモデル法という役割は、国内で多様化する取引上の利害をどのように調整すべきかに関する有益な示唆を示すだけでなく、国際取引に関する法原則に関する調和・統一に向けての方法を示している。本研究は、UCCおける近時の動向と国際条約等に及ぼす影響について研究することを目的とする。