• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

日本比較法研究所
日中公法の比較研究

研究テーマ

[ 日中公法の比較研究 ]

(代表:通山 昭治)
2012.2.24(承認)
2012年度(開始)

研究の目的

中国の山東大学と協力の下、公法学の分野で比較研究を行い、2012年11月に国際シンポジウムを開催し、その成果を比較法雑誌に発表する。

研究活動及び成果

総括

今年度も、当共同研究グループとしては、正式には表立った活動を行えませんでした。 ただし、2016年7月1日から21日までの3週間、中国上海の華東政法大学教授で、同大学前学長の何勤華氏(法制史)を外国人研究者として受け入れさせていただき、学部等の講義2回と講演会1回をそれぞれ開催しました。そのさいには、とくに当共同研究グループのメンバーに大変お世話になりました。この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。
なお、2017年7月15日を予定日として、中国上海の復旦大学教授の段匡氏(民法)を同じく、受け入れる予定です。テーマは現代中国の土地をめぐる法的諸問題について(仮)といったようなものです。