• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

日本比較法研究所
環境法政策の国際比較研究

研究テーマ

[ 環境法政策の国際比較研究 ]

(代表:牛嶋 仁)
2007.2.5(承認)
2007年度(開始)

研究の目的

環境法政策に関して広く国際比較研究を行う。特に、日米欧の比較研究が中心となるが、研究の拡がりに応じて、アジア諸国との比較も行いたい。

研究活動及び成果

総括

2016年度は、第26回学術シンポジウムの研究グループ活動を中心に行った。同研究会(回は、2014年度からの通し番号)開催は、ゲスト講演とそれに基づく議論により実施した。概要は、以下のとおりである。成果の公表は、学術シンポジウムにおける口頭報告(12月実施)と論文等により公表する予定である。

第6回研究会(2016年4月9日)
Symposium Challenging Climate Change: Legal Implications(気候変動と法)

  1. "The Role of the International Law Face to Climate Change(気候変動における国際法の役割)"
    Sandrine MALJEAN-DUBOIS(Researcher at CNRS, Director of DICE, Aix Marseille University)
  2. "Contract and Climate Change(契約と気候変動)"
    Mathilde HAUTEREAU-BOUTONNET(Professor of Law, Aix Marseille University)
  3. "The Role of the Expert Face to Climate Change(気候変動における専門家の役割)"
    Eve TRUILHE-MARENGO(Researcher at CNRS, Aix Marseille University)
  4. "Climate Change and Law of Renewal Energy(気候変動と再生エネルギー)"
    Marie LAMOUREUX(Professor of Law, Aix Marseille University)
  5. "Japan's Implementation of Environmental Treaties: An Analysis of General Trends & a Case-study of Climate Change(環境条約の国内実施について―認識枠組と日本の実行)"
    Mari KOYANO(Professor of Law, Hokkaido University)
    Yukari TAKAMURA(Professor of Law, Nagoya University)
    Jun TSURUTA (paper participation)(Associate Professor of Law, National Graduate Institute for Policy Studies)

第7回研究会(2016年7月31日)
【総合テーマ】環境社会影響評価

  1. 「国際開発援助における環境社会配慮」
    作本 直行(日本貿易振興機構環境社会配慮審査役)
  2. 「EBRDの開発援助と環境社会影響評価」
    市川 伸子(欧州復興開発銀行(EBRD)Principal Environmental Advisor)

第8回研究会(2016年11月6日)
International Seminar on Global/Transnational Environmental Law(グローバル/トランスナショナル環境法に関する国際セミナー)

  1. "Climate Litigation: Access to Justice in Climate Affairs(気候訴訟:気候変動事案における司法へのアクセス)"
    Professor Dr. Kurt Deketelaere (University of Leuven)
  2. "Trend and Impacts of Environmental Impact Assessment Law on Businesses in Some ASEAN Countries(アセアン諸国における環境影響評価法のビジネスに対する態度と影響)"
    Professor Dr. Amnat Wongbandit (Thammasat University)