• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

日本比較法研究所
共同研究グループ

研究テーマ

[ 犯罪学・被害者学の比較研究 ]

(代表:伊藤康一郎)
1978.10.27(承認)
1979年度(開始)
○中央大学犯罪学研究会

研究の目的

1960年代にラベリング理論が台頭し、1970年代にはラデイカルクリミノロジーが出現した後を受けて、1980年代の犯罪学は理論の転換期をむかえている。このような転換の時代にあっては、現代の理論の最新の動向を紹介することに加えて、更にその理論研究の基礎を形成する探求が必要とされている。そこで当研究会は、この犯罪学の基礎研究の出発点として、アメリカ犯罪学上重要と思われる専門用語を選び出し、それらについての解説を試みたい。