• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

交換留学・認定留学

留学までの流れ

  1. 留学準備

    1年以上前

    • 留学希望国・地域の高等教育機関・留学情報を外部機関から収集
      在京各国大使館の教育部・留学情報担当部へのコンタクト、HPを確認。留学説明会への参加。大使館とは別の留学情報機関がある国もあります(アメリカ→ 日米教育委員会アメリカンセンターJapan、イギリス→ブリティッシュ・カウンシル、ドイツ→ DAADなど)。
    • 留学斡旋業者から一般的な情報を収集(各種説明会、HPなど)。
    • 過去に中大生で留学希望国に留学した学生から情報を収集
      国際センター(多摩キャンパス・11号館2階)にある過去に留学した学生がまとめた中間報告書、最終報告書などからその大学で何が学べるのか、費用がいくらかかるのか、などを詳しく知ることができます。ただし、報告書が提出されていない場合もあるため、すべての情報が得られる訳ではありません。
    • 語学のテスト
      各語学試験申込み・受験

      国際センターでは、春季・夏季休暇期間中と授業期間中に英語講座を実施し、一年を通して英語学習の機会を学生へ提供しています。語学の勉強は独学だと難しいこともあります。このような講座を利用して効率的にスコアアップを目指しましょう!

      詳細はこちら
  2. 留学願書を提出します。

    交換留学・認定留学<秋派遣>の場合

    交換留学秋派遣で募集する国:
    アメリカ、カナダ、イギリス、スウェーデン、デンマーク、セルビア、クロアチア、ドイツ、フランス、スイス、ベルギー、トルコ、中国、台湾、スペイン、メキシコ、フィリピン、タイ、インドネシア、シンガポール、マレーシア
    *認定留学は、渡航先を自分で自由に決定できます。

    交換留学募集期間:派遣前年の12月上旬
    認定留学:原則として留学開始の3か月前までに所属学部事務室または大学院事務室に「留学願」を提出すること。

    2015年12月に募集を締め切った2016年度秋派遣交換留学の「協定校別募集条件」を下記資料にて確認することができます。これは、2015年12月時点での情報になります。
    2017年度秋派遣の協定校別条件は2016年10月発行予定の募集要項で必ず確認をしてください。

    2016年度秋派遣 協定校別募集条件一覧(297KB)

    交換留学・認定留学<秋派遣>の場合 出発届 住所届 中間報告書 帰国届 最終報告書

    交換留学・認定留学<春派遣>の場合

    交換留学春派遣で募集する国:オーストラリア、韓国、インド
    *認定留学は、渡航先を自分で自由に決定できます。

    交換留学募集期間:オーストラリア、韓国の一部の大学:派遣年度の6月上旬
    韓国・インド:派遣年度の9月下旬

    認定留学:原則として留学開始の3か月前までに所属学部事務室または大学院事務室に「留学願」を提出すること。

    2017年度春派遣交換留学の「協定校別募集条件」を下記資料にて確認することができます。

    2017年度春派遣募集期間:
    オーストラリア・韓国(ソウル国立大学・延世大学のみ)2016年6月1日(水)~3日(金)
    韓国・インド 2016年9月21日(水)~23日(金)

    2017年度春派遣 協定校別募集条件一覧(141KB)

    交換留学・認定留学<春派遣>の場合 出発届 住所届 中間報告書 帰国届 最終報告書

留学奨学金制度

さまざまな留学奨学金制度でサポートしています。

留学費用の負担軽減のため、国際センターでは交換・認定留学生に対する大学独自の奨学金や留学期間中の学費の減免制度などを用意しています。また、各学部において留学のための奨学金制度がある学部があります。
詳しくは国際センターで発行している「STUDY ABROAD GUIDE BOOK 国外留学の手引き」を参照して下さい。日本政府、外国政府、民間団体の奨学金制度の情報も「国際センター」で提供しています。

中央大学国外留学生奨学金(問合せ先:国際センター事務室)

本学では、交換・認定留学をする学生が一定の学力の要件を満たしている場合に、留学期間1年間を限度として国外留学生奨学金を給付する制度があります。
交換・認定留学生で中央大学国外留学生奨学金の受給を希望する学生は、所定の期日までに国際センターに申請して下さい。
春派遣は留学前年度の1月、秋派遣は留学年度の6月に募集します。
年間採用者は約50名です。

学外の海外留学奨学金

TOMODACHI 住友商事奨学金プログラム

また、中央大学は、米国大学へ交換留学する学部生を対象とした奨学金プログラム【TOMODACHI 住友商事奨学金プログラム】の2016年度指定大学となります。同奨学金プログラムは、国際教育の促進および米国・日本における次世代リーダーの育成を目的としています。交換留学生として米国へ1年間留学する学生に対して1人150万円の奨学金を支給するとともに、ニューヨークに本社を置く米州住友商事にて3日間程度のネットワーキングを兼ねた研修の機会を提供します。
詳しくは【 TOMODACHI 住友商事奨学金プログラム】のホームページを参照して下さい。
※学内の応募方法等については決定次第ホームページでお知らせします。

トビタテ!留学JAPAN

文部科学省は、2013年10月より若者の留学を官民協働で応援し、日本の産業界が求めるグローバル人材を育成するという留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」を開始しました。留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」の主な取組のひとつとして、「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~」が2014年からスタートしました。
この支援制度によって、留学にかかる「授業料+現地活動費+渡航費」が奨学金として支給されます。
本学からは1期生8名、2期生3名、3期生6名、4期生6名の計23名が採用されました。

応募にあたっては、将来の木業実現のために学生が自分で組み立てた留学計画を在籍大学の窓口(中央大学は国際センター)を通じて応募する必要があります。毎年初春と秋口に募集がありますので、計画的に準備をして下さい。
学内募集要項は募集時期に国際センターHP等で告知します。また、申請に関する相談は随時国際センターで受け付けます。
詳しくは以下の関連リンクを参照して下さい。

経団連 グローバル人材育成スカラシップ

将来、日本企業の国際的な事業活動において、グローバルに活躍する意志を持った学生を対象として経団連が募集する海外留学奨学金です。中央大学は同奨学金の募集対象校となっています。
個人応募の奨学金です。

詳しくは 経団連 グローバル人材育成スカラシップのホームページを参照して下さい。

継続履修制度

海外の大学は日本の学期制と異なる場合がほとんどです。中央大学では、出発時までの履修が無駄にならないよう、「継続履修制度」を設けています。

継続履修制度