• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

2015年度の取り組み

国連「科学における女性と女児の国際デー」記念式典

2016年2月11日 「科学における女性と女児の国際デー」を記念する会合が国連本部( United Nations )で初開催されました。

そのなかで、国連アカデミック・インパクト( UN Academic Impact Japan )参加校である中央大学(Chuo University)が

  • 中央大学 WISE Chuo (理工系女子学生のための産業キャリア教育プログラム)
  • Human Media Lab, Chuo University の活動
  • UN Women の HeForShe の取り組み

について、紹介するビデオレターを作成し、国連本部で上映されました。

UN Women「HeForShe」
~女性が輝く日本・女性が輝く世界を実現するために~

2015年は、UN Women「HeForShe」キャンペーンに賛同し、「国連アカデミック・インパクト」の一環として取り組みます。
HeForSheは、2014年9月20日に、UN Women親善大使であるEmma Watsonから世界に向けて発表された男女共同参画の実現に向けたアクションプログラム (行動計画)です。そこでは、女性への暴力の禁止、経済的な自立、そして、政策決定過程や平和構築への女性の参加を進めるという社会変革に向けて、男性が賛同とコミットメントを表明するということが強調されています。
HeForSheには、次のフォーカスが含まれます。

  1. Ending Violence Against Women
    女性に対する暴力を許さない。身体的、精神的嫌がらせを看過しない。
  2. Women's Economic Empowerment
    経済的機会へのアクセスを平等に。女性の尊重により、人類をエンパワメント。
  3. Women's role in Politics & Peace Building
    平和構築と政治における女性の活躍を応援。

中央大学は、上記3つのフォーカスに対応し、次の取り組みを行います。

  1. 本学公式Webサイトに 総長・学長 酒井正三郎からの「HeForShe」取り組みに関するメッセージを掲載する。
  2. 2015年7~9月を「HeForShe」キャンペーン月間とし、UN Women公式Webサイトを通じて、本学の男性教職員、学生およびOBによる「HeForShe」賛同促進活動を行う。
  3. シンポジウム開催 (一般公開:事前申込不要)
    ダイバーシティ推進「HeForShe」公開シンポジウム
    ~ UN 70周年記念、UN Women日本事務所開設記念 ~
    日時 2015年9月23日(祝・水)16:20~17:50
    会場 中央大学後楽園キャンパス 3号館3階 小ホール
    基調講演 瀬谷 ルミ子 日本紛争予防センター理事長
    パネルディスカッション 成澤 廣修 文京区長
    福嶌 香代子 UN Women 日本事務所長
    根本 かおる UNIC Tokyo 所長
    瀬谷 ルミ子 日本紛争予防センター理事長
    佐藤 博樹 中央大学ビジネススクール教授
    実施レポート ダイバーシティ推進「HeForShe」シンポジウム
  4. 学生によるキャンペーン活動(2015年10月上旬):中央大学ハラスメント防止啓発支援室
  5. 国連の取組「女性に対する暴力撤廃の国際デー」に賛同し、"女性に対する暴力撤廃"のメッセージを発信する。
    期間 2015年11月25日(女性に対する暴力撤廃のための国際デー)から2015年12月10日(人権デー)までの16日間
    内容 後楽園キャンパス春日通り沿い掲示板や案内ビジョンをオレンジ色に装飾
    性差別による暴力廃絶キャンペーンの周知活動を行う
    *オレンジは国連の「性差別による暴力廃絶活動の16日間キャンペーン」のイメージカラーです。