• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

法曹(裁判官・検察官・弁護士)資格
法科大学院在学生・修了生へのサポート(市ヶ谷法職事務室)

本学では、法科大学院修了生が自己研鑽する場として、市ヶ谷田町キャンパス内に法務研修施設を用意しています。施設では、1人につき1席、広々とした専用のブース型自習席とロッカーが与えられると共に、自主ゼミ等を行える教室利用、PCや資料を設置した自習室やネットワーク環境を利用することができます。修了生は「法務研修会員」として、修了後から修了年の司法試験までの間、こちらの施設を無料で利用することができ、修了後も落ちついた環境で安心して試験までのラストスパートに備えることができます。

また、司法試験終了後から司法修習開始までの期間も、引き続き本施設を有料で利用することができ、ポスト・ロースクールを見据えて行われる各種プログラムに参加することができます。司法研修所教官が講師となって行われる「司法修習セミナー」や各種「実務演習」では、司法研修所で学修する内容を一早く学び、司法修習生になった際にトップギアで先頭を走れるよう万全の体制を整えています。

一方で、司法試験は必ずしも1回で受かるとは限りません。司法試験は修了後5年間受験することができるため、各自の学修進度やライフスタイルによって、合格する時期は異なります。本学では、希望すれば修了後最大5年間まで本施設を利用することができ(司法試験受験有資格者のみ)、引き続き学修する上でも、本学ならではの多様な実務法曹や司法試験合格者の先輩方から学修指導や助言を受けることができ、効率的に実力を伸ばすことができるよう最高の学修環境を提供しています。

なお、各種プログラムは、法科大学院在学生も同様に参加可能なものが多く、「先輩が後輩を指導する」という本学の昔からの良き伝統を受け継いでいます。

本学では、法科大学院での教育とともに、法務研修制度・法務研修施設を活用して、質の高い法曹を多数輩出できるよう全面的にバックアップしています。

【法務研修制度及び法務研修施設について】

法務研修制度及び法務研修施設については、市ヶ谷法職事務室が運営しています。各種プログラムの案内等については、法科大学院生及び修了生専用の教務サービスにて掲載しています(本ページには掲載しておりません)。

<市ヶ谷田町キャンパス>

市ヶ谷田町キャンパス

<ブース型自習席>

ブース型自習席