• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

法曹(裁判官・検察官・弁護士)資格
法科大学院在学生・修了生へのサポート(市ヶ谷法職事務室)

本学では、法科大学院とは別に中央大学法務研修運営委員会を設置して、法曹を目指す法科大学院在学生・修了生の皆さんに良質で安価な課外講座「法務研修プログラム」を提供し、法科大学院入学前から司法試験、さらには司法修習開始まで、トータルにサポートしています。
これらのプログラムは、本学が輩出した多様な実務法曹や司法試験合格者が中心となって講師を担当しており、充実したプログラムの中から自分に合ったプログラムを選んで参加することができます。

法科大学院入学前

春休みに「入門講座」を用意し、入学後の学修にスムーズに取り掛かれるよう、サポートしています。各科目のほぼ全範囲にわたって基礎から分かりやすく解説し、分からないことがあれば講師が丁寧に答えますので、短期間で全体的な理解を深めることができます。

未修者コース入学予定者対象(憲法・民法・刑法)

これから本格的に法律学の学修を始める方、復習をしたい方に、基礎から講義します。各科目の基本的な考え方や知識、条文、判例の読み方を身につけられます。(既修者コース入学予定の方も参加できます)

既修者コース入学予定者対象(行政法・商法・民事訴訟法・刑事訴訟法)

各科目の基本概念や条文、判例を全体的に整理して、どの部分が分かっていないかを把握できるよう講義します。総合的・体系的な理解を深められ、知識の総ざらいができます。

法科大学院在学時

法科大学院の授業を理解するのに必要な基礎知識や概念を重視し、丁寧な講義、少人数でのゼミナール、1対1の個別指導などを実施して、皆さんの学修をフォローしていきます。

講義

基礎復習講座や判例セミナーなどの講義を実施しています。授業で分からなかった内容や、カバーできなかった部分を効率よく穴埋めできます。

ゼミナール

司法試験合格者や若手の実務法曹が講師となって、特定のテーマに絞ったゼミや、共通の題材をテーマにした法律文書の作成能力を身につけるゼミを数多く実施しています。優秀な講師陣による解説や添削でポイントをつかめ、ゼミ参加者と一緒に学修することで切磋琢磨できます。

個別指導

学修の進度や理解は個人で異なるため、教えてほしいこと、聞きたいことは人それぞれです。そのため、学修方法をはじめ、予習・復習の仕方、法律文書の作成方法など、1対1で細かく指導します。分からないことを率直に聞け、担当講師からその人に応じた的確なアドバイスが受けられるので、非常に効率的であり効果的です。

法科大学院修了後

市ヶ谷田町キャンパス

市ヶ谷田町キャンパス

ブース型自習席

ブース型自習席

法科大学院修了から司法修習までを視野に入れた学修プログラム

法科大学院修了後も、司法試験合格に向けて学修を継続する修了生に対し、個別指導や少人数でのゼミナールなどを用意し、確実に実力を伸ばすことができるよう万全の体制でサポートしています。
司法試験受験後には、司法修習に備えるためのプログラムも実施し、司法研修所で学修する内容を一早く学び、司法修習生になった際にトップギアで先頭を走れるよう支援しています。

法務研修施設(市ヶ谷田町キャンパス)

法科大学院修了生が学修・自己研鑽する場として、市ヶ谷田町キャンパス内に法務研修施設を用意しています。施設では、個人専用のブース型自習席とロッカーが与えられるほか、ゼミ等を行える教室、PCや資料を設置した自習室やネットワーク環境を利用することができます。法科大学院修了後からその年の司法試験受験までの間、修了生はこちらの施設を無料で利用することができ、修了後も落ちついた環境で安心して司法試験に向けた学修に集中することができます。
また、司法試験は修了後5年間受験することができ、各自の学修進度やライフスタイルによって、合格する時期は異なります。このため、司法試験に合格するまでの間、修了後最大5年間本施設を利用することができます(司法試験受験有資格者のみ・有料)。
さらに、司法試験終了後から司法修習開始までの期間も、引き続き本施設を利用することができます。

このように本学では、法科大学院の教育とともに、法務研修プログラム・法務研修施設を用意して、質の高い法曹を多数輩出できるよう、全面的にバックアップしています。

※各種プログラムの案内等については、法科大学院在学生及び修了生専用の教務サービスに掲載しています(本ページには掲載しておりません)。本学法科大学院入学予定者の方には、入門講座の案内を12月頃にお送りします。