• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

学部入試
アドミッション・ポリシー

アドミッション・ポリシー(法学部)

法学部の求める人材

 法学部は、地球的視点に立った法的問題意識と法的解決能力、言い換えれば「グローバルなリーガルマインド」を身につけた人材の育成を教育目標にしています。
 21世紀に入り、地球的規模の問題や紛争はますます増えています。身の回りのさまざまな問題へ対応するだけでなく、こうした地球規模の問題をも暴力や武力に頼らず合意やルールに基づいて解決することを喫緊の課題として抱えています。そのような時代だからこそ、最初に掲げた人材が必要とされているのです。
 「グローバルなリーガルマインド」を身につけるために、①地球規模での法化社会を読み解くことができる「基礎的な法律的・政治的専門」と、②自立した地球市民として必要な、批判的・創造的思考ができる「新たな教養」の両方が必要であり、それら2つがひとりの人間のなかで融和した形で実現されることが求められます。それゆえに、法学部は、次のような資質・姿勢を持っているみなさんの入学を望みます。

  1. 自分自身を含めた身近な問題に対する真剣な関心
  2. 物事を厳密に考え、批判的に捉える思考
  3. 健全で強い倫理観・責任感

その基礎に立って、法学部での学びを通して「グローバルなリーガルマインド」を修得し、一人ひとりが社会の有意な一員として巣立っていくことを私たちは願っています。

入学前に修得しておくことが望まれる学修内容・学力水準等

 入学試験で課している科目はいずれも法学部での学修を進めるにあたって重要です。英語は世界におけるコミュニケーション手段としてだけではなく、「グローバルなリーガルマインド」を修得し世界で活躍する国際人を目指すためにも、さらに多文化社会を知るためにも不可欠な科目です。国語における読解力・文章力・批判的思考力、数学で訓練される論理的かつ合理的な思考力、地理歴史・公民で修得する社会の現実と課題に関する判断力・洞察力、物理・化学・生物などの理科科目で培われる自然界や環境についての理解力も、すべて法学部での学修の基礎となります。したがって、これらの科目については高等学校段階で十分な学習を積むことを求めます。
 そのうえで、一般入試や大学入試センター試験利用入試では、主にこれらの知識面について確認します。また、自己推薦入試や指定校推薦入試でおこなう「講義理解力試験」は、大学で行う講義と同じ形式で試験を行うものであり、社会への理解力、洞察力、思考力、分析力を問うものです。推薦入試等で課している「志望理由書」や「面接・グループディスカッション」は、現在の自分の関心、将来設計、そのために自分が学ぶ学修について、さらにはこれまで周囲とどのように主体性をもって関わってきたのかなどを確認するものです。
 現在の自分の社会的関心を確認し、自分が将来なりたい理想像(ロールモデル)を探し、法学部への進学が自分にとって最適な選択かどうかを考えながら、受験の準備をしてください。20年30年先の自分からみて必要と考える基礎的知識を育み、目的意識をもって入学試験に臨んで頂きたいと思います。

アドミッション・ポリシー(経済学部)

経済学部の求める人材

 経済学部では、冷静な思考力と温かい心を持った国際的な視野に立つ経済人を養成することを理念とし、次のような目標を持つ学生を求めています。

  • 私たちの生活の基礎となる経済の仕組みについて専門的に学びたい学生
  • 論理的な思考力と、プレゼンテーション能力を身につけたい学生
  • パソコンを使った情報処理技術や、会計の専門知識を身につけたい学生
  • 企業や官公庁、国連、NGOなどで、経済の専門知識を活かしたい学生
  • 環境問題、福祉政策の専門知識を身につけ、地域社会に貢献したい学生
  • 将来ロースクールなど専門職大学院に入って、経済に強い専門家を目指す学生
  • 将来大学院に入って、より高度な経済学を学ぶことを目指す学生

 入学者選抜においては、本学独自の一般入試のほか、大学入試センター試験を利用した選抜も行っており、入学後の学修の基礎となる国語、英語、地理歴史、公民、数学の科目を中心として、高等学校レベルの十分な知識と論理的思考力を重視して選抜しています。このほか、特別入試として、自己推薦入試、海外帰国生等特別入試、英語運用能力特別入試、ドイツ語・フランス語・中国語・スペイン語特別入試、外国人留学生入試、推薦入試(指定校、スポーツ)、編入学試験があり、外国語、小論文、面接などの試験により、幅広い問題関心とすぐれた資質をもち、経済学部で学修する意欲の高い学生を選抜します。

入学前に修得しておくことが望まれる学修内容・学力水準等

 高等学校卒業に必要な諸科目、とりわけ国語、英語、地理歴史、公民、数学はいずれも経済学部での学修を進めるにあたって重要です。特に国語できたえた文章力、数学できたえた論理的思考力、地理歴史、公民で修得した現代世界のなりたちとその諸問題に対する広い知識は、いずれも経済学部での学修の基礎となります。また英語力は、経済学及びその関連領域を専門的に学ぶ上で必要なだけでなく、今日のグローバル社会の中で活躍する経済人を目指すならば、不可欠なものといえるでしょう。
 経済学部では、これらの素質を持った学生が入学後にさらにその力を伸ばし、国際的で豊かな教養・学識と専門能力を身につけ、社会のさまざまな分野においてその学識と能力を発揮することができるようにするために、教育課程においてもさまざまな取り組みを行っています。

アドミッション・ポリシー(商学部)

1.商学部の求める人材

商学部では、教育研究上の目的を踏まえ、21世紀の社会に貢献できる優れた実地応用力と人間性を備えた有為な人材を商学部の教育課程を通じて育成することができるように、学生として受け入れる者には、それにふさわしい基礎学力と学習意欲を有していることはもとより、商学部および各学科の教育目的や教育内容についてよく理解し、商学部で学んでみたいという強い志向性や目的意識、向上心などを有していることを望みます。このような方針に基づき、商学部の入試制度のもとで実施する各種入学試験を経て学生を受け入れます。

2.入学前に修得しておくことが望まれる学修内容・学力水準等

高等学校における教科をしっかり学び、基礎学力を身につけておくことが何よりも大切です。高等学校での各教科の学習は、商学部入学後において必要となるコミュニケーション能力、論理的思考力、総合的な判断力などの基礎となるものであり、高等学校における学習内容の十分な理解は、商学部入学後により専門的な学習を深める上でも必要不可欠なものです。
また、これからの21世紀の社会では、知識が中心的な役割を果たし、知的好奇心を持って生涯にわたって学び続けることが重要となります。そのため、高等学校等での学習を通じて、学ぶことの面白さや学ぶ習慣を身につけておくことも大切です。さらに、目的意識を持って商学部に入学できるようにするために、商学部および各学科の教育目的や教育内容あるいはそれらに関係する各専門分野の学習内容などを調べるとともに、併せて自分の将来の進路や職業などについて考えてみるのも必要なことです。

アドミッション・ポリシー(理工学部)

理工学部では、理学並びに工学の分野に関する理論及び諸現象にかかる教育研究を行うことにより、確実な知識と応用力を身につけ、新しい課題への果敢な挑戦力と組織をまとめる卓越した交渉力を持ち、人類共有の知的資産たる科学技術を継承し、自らの発見の成果発表を通じて積極的に社会貢献できる人材を養成することを目的としています。この目的を達成するために、以下の資質を有する人材を多様な入試形態により受け入れます。

  • 基本的な知識・基礎学力を有する人
    高等学校普通科の課程全般の内容を幅広くかつ十分に理解をしていることが必要です。特に、理工学部で学ぶためには数学・理科・英語についての基礎学力が必要です。
  • 問題解決のための思考力・分析力・表現力の基礎を身につけている人
    新しい課題や問題に直面した際、時間がかかっても物事を筋道立てて考えるためには、論理的な思考力と分析力を身につけていることが必要です。また、自分の考えた内容について他者に理解してもらうためには表現力が必要です。
  • 他者と協働するためのコミュニケーション力を身につけている人
    他者と協働して効果的に学修に取り組むためには、一定水準以上のコミュニケーション力と組織的行動能力が必要です。
  • 大学での学修に対してモチベーションの高い人
    大学での学修に主体的に取り組むためには、志願する学問分野への強い興味と勉学意欲を持つことが求められます。

大学で効果的な学修を進めるためには、多様な資質を有する学生が互いに協働しつつ切磋琢磨することが重要です。このため、理工学部では下記のように多様な入試形態を設け、それぞれの入試形態ごとに特徴のある人材を受け入れます。

  • 一般入試:基礎学力(数・理・英)が高く、思考力・分析力を有する人を選抜します。
  • センター試験利用入試単独方式:十分な基礎学力と思考力・分析力を有する人を選抜します。
  • センター試験利用入試併用方式(理数選抜入試):基礎学力が高く、特に理数科目について優れた思考力・表現力を有する人を選抜します。
  • 自己推薦入学試験・海外帰国生等特別入学試験:基礎学力を有し、優れたコミュニケーション能力と積極的な行動力とを重視し選抜します。また、海外における教育・異文化体験を経験し、専門分野への高い好奇心、語学力、国際理解を持ち、グローバルに活躍できる人材を選抜します。
  • 指定校推薦入学試験:高等学校長による推薦者で、基礎学力とコミュニケーション力を有し、学ぶ意欲の高い人を選抜します。
  • スポーツ推薦入学試験:基礎学力を備え、スポーツの分野で卓越した能力を有し、本学において学業とスポーツを両立させる意欲の高い人を選抜します。
  • 外国人留学生入学試験:基礎学力を有し、国際交流を促進し、高い志を持った国際的な人材を選抜します。
  • 附属高校推薦入試:基礎学力を有し、高大連携活動により本学での学ぶ意欲の高い人を選抜します。
  • 編入学試験:一分野の学問基礎を固めたうえで、他分野の学問体系、または同じ分野のさらに高度な内容を学ぼうとする意欲の高い人を選抜します。

アドミッション・ポリシー(文学部)

文学部の求める人材

文学部が人材育成の目標としている「人を読み解く力」を備えるためのアプローチは、けっして単一ではありません。文学部では、人文科学系(言語、文学、芸術、歴史、哲学)・社会科学系(社会、情報、教育、心理)を含む多様な学問研究を通じて、現象の本質を洞察し概念化する想像力・創造力を養い、社会、言語、文化についての素養を身に付けることを目指しています。
そこで、文学部が入学を期待するのは以下のような学生です。

  • 人間や社会に関するテーマを深く探究したい人
  • 日本や外国の言語と文学、歴史、文化、社会に広く関心を寄せる人
  • 人間の思考や行動、人間関係や社会構造に積極的な興味を抱く人
  • 鋭い感性と幅広い教養を身に付けたいと思う人
  • 論理的な思考力、柔軟な発想力、的確な表現力を養いたいと思う人
  • 高等学校段階までの学習において、社会に関する基礎的な教養、言語、文化を学ぶ基礎としての国語と外国語の能力、論理的な思考力と読解力を身に付けている人

入学前に修得しておくことが望まれる学修内容・学力水準等

1.教科・科目毎に求める能力

「国語」:母語に対する知識と関心を持ち、日本および世界の文学史における基本的な文学作品を読破していること。特に現代文については、新聞の社説あるいは新書・概説書程度の論説文を読みこなせる読解力と、同程度の論理的な内容の文章を書く文章力を身に付けておくこと。

「外国語」:母語以外の外国語を修得することによって、母語を相対化し、言語一般が重要であると認識していること。新聞記事程度の日常的で短い文章を、辞書を用いなくてもおおよそ理解できるだけの読解力と、自分の考えや感情を簡潔に伝えられ、電子メールを書ける程度の表現力を身に付けておくこと。

「日本史」「世界史」:歴史全体の流れを把握しておくこと。

「数学」:論理的にものごとを考える基礎力を養うこと。

2.専攻毎に求める能力

国文学専攻

  • 現代文・古文・漢文:さまざまな文章を読む楽しみを体験しておくこと。
  • 日本史・世界史・地理:文学の歴史的背景を理解しておくこと。

英語文学文化専攻

  • 外国語:少なくとも英検二級程度の英語運用力を身に付けておくこと。
  • 社会:人類の歴史や現代の世界情勢への広い関心を持つこと。

ドイツ語文学文化専攻

  • 外国語:論理的な文章を読んだり書いたりする基礎力を身に付けておくこと。
  • 世界史:特にヨーロッパの歴史を学んでおくこと。

フランス語文学文化専攻

  • 外国語:基礎的学力を十分身に付けておくこと。
  • 世界史・地理:ヨーロッパの歴史と地理に関心を持つこと。

中国言語文化専攻

  • 国語:論理的な文章を読んだり書いたりする基礎力を身に付けておくこと。
  • 外国語:平易な文章を読んだり書いたりする基礎力を身に付けておくこと。
  • 世界史:特に中国の歴史を学んでおくこと。

日本史学専攻

  • 高校で学習する日本史Bの内容を十分に理解し、基礎的な歴史用語について学習しておくこと。
  • 中学・高校で学習する世界史・地理について基礎的な点は理解できるよう、学習しておくこと。
  • 歴史史料に接することができるよう、高校で学習する古文・漢文について基礎的な読解力を身に付けておくこと。
  • 英語について海外の資料や論文に接することができるよう、高校で学習する基礎的な読解能力は身に付けておくこと。

東洋史学専攻

  • 現代文:新聞の社説あるいは新書・概説書程度の論説文を読みこなせる読解力と、同程度の論理的な内容の文章を書くことのできる文章力を身に付けておくこと。
  • 漢文:中国史を専門に学ぶ場合は、漢文の基本句形を理解していること。
  • 古文:中国史を専門に学ぶ場合は、古文の文法の規則に習熟していること。
  • 外国語:新聞記事程度の日常的で短い文章を、辞書を用いなくてもおおよそ理解できるだけの読解力と、自分の考えや感情を簡潔に伝えられ、電子メールを書ける程度の表現力を身に付けておくこと。
  • 日本史:日本史の大まかな流れや出来事について、高校の教科書に書かれている程度の内容を理解していること。
  • 世界史:世界史の大まかな流れや出来事について、高校の教科書に書かれている程度の内容を理解していること。

西洋史学専攻

  • 外国語:論理的な文章を読んだり書いたりする基礎力を身に付けておくこと。
  • 日本史・世界史:歴史全体の流れを把握しておくこと。
  • 国語:レポートや論文を作成するのに必要な読解力と文章力を養っておくこと。

哲学専攻

  • 国語(現代文、古文、漢文):論理的な思考をし、論理的な分析をし、論理的な文章を書くことができること。さまざまな文学作品(小説、詩、評論、古典など)を多く読んでいること。できれば、哲学書や思想・宗教関係の本も読んでいること。
  • 外国語(英語など):外国語の文章をきちんと解釈する基本を習得していること。文法に則って、外国語を読解する能力を身に付けていること。
  • 倫理:西洋、東洋の思想・哲学の歴史を一通り知識としてもっていること。有名な思想家や哲学者や宗教家の学説や考え方を知っていること。
  • 世界史、日本史:歴史についての基本的な知識をもっていること。

社会学専攻

  • 国語:論理的な文章読解能力や文章作成能力などの基礎力を身に付けておくこと。
  • 外国語(英語など):論理的に文章を読解する基礎力を身に付けておくこと。
  • 日本史・世界史:歴史全体の流れを適切に理解する基礎力を身に付けておくこと。
  • 政治・経済:政治・経済の仕組みや歴史を適切に理解する基礎力を身に付けておくこと。

社会情報学専攻

  • 国語:論理的な文章の読解力、および文章作成の基本的能力〈段落の構成、語彙など〉を身に付けておくこと。
  • 数学:数学Ⅰ・Aを履修していること。データの処理、分析、解釈に必要な数学の基礎的知識を身に付けておくこと。

教育学専攻

  • 国語(現代文):論理的な文章を読みこなす読解力と、論理的な文章を書くことができる基礎的な力をつけておくこと。
  • 外国語:ホームページや新聞記事程度の英文を読む力を持っていること。
  • 日本史・世界史:歴史についての基本的な知識をもっていること。
  • 現代社会、政治・経済、倫理についての基礎的な知識をもっていること。

心理学専攻

  • 数学:心理学は実証研究の過程で統計学の手法を駆使するため、数学的思考能力を身につけておくことが望ましい。特に、数学Ⅰでは「データの分析」、数学Aでは「場合の数と確率」、数学Bでは「確率分布と統計的推測」の分野を重点的に学んでおくこと。
  • 英語:心理学では最新の研究成果を学ぶために学部生のうちから英語の学術論文を読みこなす必要がある。そのため、高校時代にある程度の英文解釈力を身に付けておくこと。
  • 生物学:発生学、進化論といった領域の基本的事項を学んでおくこと。
  • 倫理:研究遂行のための倫理、臨床を行う上での倫理といったことの基本となる倫理学を学んでおくこと。

アドミッション・ポリシー(総合政策学部)

総合政策学部の求める人材

中央大学総合政策学部の理念は「政策と文化の融合」(文化的背景を理解して現代社会が直面する諸問題を解決する視点)です。この理念に共感する次のような人物を求めます。

  1. 「社会問題・現象への関心」:実際に国内外で生じている社会問題・現象を解き明かそうという強い知的好奇心と行動力を持ち続けられる人
  2. 「学際的・国際的理解」:様々な領域の知識のみならず、異なる文化圏の慣習や制度等に関心を抱き、違いの本質を意識しながら問題解決への意欲を持ち続けられる人
  3. 「社会貢献への意欲」:社会問題・現象の分析のみならず、具体的に解決・解明に取り組み、社会の発展に寄与する意思を持ち続けられる人

入学前に修得しておくことが望まれる学修内容・学力水準等

中央大学総合政策学部は、PBL(Project Based Learning、問題解決型学習)を重視しています。本学部の学生は、自主的に研究テーマを設定し、さまざまな専門分野の知識をいかして調査研究を進め、研究レポートにまとめます。このため、次のような学習経験を持つ人物を求めます。

  1. 国語、地理歴史、公民、数学、理科、外国語において高等学校等を卒業する知識・技能を有している。特に外国語に興味を持ち、積極的に学習してきた人物が望ましい。
  2. クラブ活動、生徒会活動、ボランティア活動他の学校内外での諸活動において主体性を持って行動した経験を有している。
  3. 上記1.と2.の活動を通じ、物事を多面的かつ論理的に思考して判断し、協調性を維持しつつも自らの意見を的確に表現することを心掛けている。
  4. 社会、人間、文化、科学に関わる様々な問題・事象に広く関心を有している。