CHUOにConnectする!!中央大学の真価をはかる4つのキーワード

  • Connect 1
  • Connect 2
  • Connect_3
  • Connect_4
  • 実学主義とは?
  • 中大の国際性とは?
  • 「FLP」とは?
  • 中大生の未来とは?

Connect 1
実力主義とは?

受け継がれるDNA「行動×知性」。受け継がれるDNA「行動×知性」。

本学のユニバーシティメッセージは「行動する知性。―Knowledge into Action―」。
創立者である18人の法律家たちが建学の精神に掲げた「實地應用ノ素ヲ養フ」の思いを今に受け継ぐ言葉です。
本学は実社会と密接に結びついた多様な学問研究と幅広い実学教育で、法曹界はもちろん各界へ優秀な人材を数多く輩出してきました。
学部横断型のFLP(ファカルティリンケージ・プログラム)をはじめ、将来のビジョンにつながるアカデミック・インターンシップ、
難関国家試験合格に向けた手厚いサポートなどが実践と実用を重視した本学の取り組みの特徴です。
一人ひとりの可能性を広げる多様な教育により養われた「行動する知性。」は、日本国内にとどまらず世界の「中央」で輝いています。

Connect 2
中大の国際性とは?

世界33の国と地域、156大学・機関と協定。

世界各国の大学・研究所と国際的な学術交流を展開する中央大学では、
その中の26の国・地域の124校と学生交換を実施し、学生間の交流も深めています。
本学には、1年間または半期(セメスター)の交換留学、春季または夏季休暇を利用した1カ月間の短期留学(語学研修)のほか、
学生が希望する協定校以外の教育・研究機関へ留学する認定留学制度があり、年間400名以上の学生が
世界中の大学で国際性を磨きながら成長を遂げています。
また、外国人留学生の受け入れ数は797に達しました(2016年10月1日現在)。
本学では、今後留学生の送り出しのみならず受け入れ態勢にも注力していきます。

3つの留学制度のもと、希望する海外協定校や大学へ。卒業単位として認定される留学中の単位取得。3つの留学制度のもと、希望する海外協定校や大学へ。卒業単位として認定される留学中の単位取得。

本学では3つの留学制度「交換留学」「認定留学」「短期留学」を用意しています。
語学力や国際性を磨き、皆さんの視野を広げることはもちろん、
自分の専攻や興味のある分野を海外で学ぶことで、知識をさらに深めることができます。
「交換留学」「認定留学」では、外国の協定校や希望する大学で学べるだけでなく、
留学中に修得した単位は本学の卒業単位として認められます。
春季と夏季の年2回実施している「短期留学」では、本学での事前研修または事前授業を併せて受講することで、
正規の授業科目として単位を修得できます。

多彩な場面でグローバルな力を養う、国際交流プログラム多彩な場面でグローバルな力を養う、国際交流プログラム

国と国とのつながりが深くなり、国際化が進むにともなって、領土や民族問題、経済摩擦など、新たな課題も次々に生まれています。
実学を重視する本学では、それらグローバル社会での課題を解決する能力を養うため、「グローバル化推進支援プロジェクト」を実施。
充実した留学制度や、世界各国の留学生との交流、海外の新聞や放送などのメディアに触れられる
グローバル・ラウンジの設置など、世界の「今」が体感できる環境を整えています。
また、キャンパスに世界の風を呼び込むべく、各国駐日大使の講演会、国際シンポジウム、
食文化体験や物産展などの企画を定期的に実施しています。

Connect_3
「FLP」とは?

学部を越えた、刺激的な学びの場。

FLP(ファカルティリンケージ・プログラム:Faculty-Linkage Program)は、
幅広い学問領域をもつ総合大学のメリットを生かした教育プログラムです。
主専攻の学びにプラスして、他分野の高度な専門知識や能力を身に付けられるFLP は、本学のどの学部の学生でも履修することができます。
他学部の学生と一緒に学ぶので、知的な刺激が生まれ、ゼミの仲間たちとの交流を通して、
視野や人間関係が広がるのもFLP ならではの魅力。
このFLP では次頁のような5 つのプログラムを設置し、学生の知的興味や好奇心に応えています。

Connect_4
中大生の未来とは?

就業体験を将来のビジョンにつなげるアカデミック・インターンシップ就業体験を将来のビジョンにつなげるアカデミック・インターンシップ

インターンシップとは、在学中に専攻分野や将来のキャリアに関連した就業体験を行う制度のことです。
本学では、企業や地方自治体をはじめとする多種多様なインターンシップ先を用意。
さらに、正規授業科目として単位が修得できる「アカデミック・インターンシップ」を開講しています。
将来の目標を明確にすることで、大学での勉学に向かう意識や、キャリア形成のモチベーションを高めることができます。

「アカデミック・インターンシップ」3つの特徴
  • point01 事前・事後のフォロー
    プロと一緒に働くためのルールや心構えを身に付ける「講義・演習」を事前に受講します。そして事後には「成果発表」を行います。
  • point02 充実した派遣先
    受け入れ先は、一部上場企業をはじめとした民間企業から官公庁、国際関連機関まで多種多様です。
  • point03 正規授業として単位認定
    一般的なインターンシップと異なり、単位が付与される正規の授業として学ぶことができるので、時間的にも余裕をもって就業体験できます。

年間200日以上の多彩なキャリアプログラム

大学は学問を探求する場であると同時に、社会人に向けて準備する場でもあります。
自分自身の将来をイメージし、人生を見通した設計図を描くことも、大学時代にやっておくべきことの一つです。
将来に備えて充実した大学生活を送るために、本学では1年次の早い時期から独自のキャリアデザイン・プログラムを展開。
また就職支援においては、業界・業種ごとに多様なプログラムを提供するなど、
それぞれの夢の実現に向けた進路選択をきめ細やかにサポートします。

就職決定率97.9%

あらゆる業界に多数の人材を輩出している本学の、2016年度の就職決定状況のデータを紹介します。
就職以外の進路としては、ロースクールなどの大学院への進学や海外留学、
あるいは卒業後も引き続き資格試験や公務員試験などの難関試験にチャレンジするなど、多岐にわたっているのが特徴です。
本学では、1年次にはキャリアデザイン関連のセミナー、2年次にはインターンシップを中心としたプログラムなど、
早くから将来への意識づけを行います。
さらにキャリアセンターには、専門のスタッフによる進路相談や文章添削が受けられる個人面談ブースを常設。
万全の体制で就職活動を支援し、毎年安定した高い就職決定率を誇っています。

司法試験、公認会計士試験合格を全面的に支援

難関試験に多くの合格者を輩出している伝統と実績を受け継ぎ、各種試験対策講座を開講するほか、
試験突破を目指す学生のために通称「炎の塔」と呼ばれる学生研究棟を設置。
棟内には自分専用のロッカーと自習席があり、23時まで利用できるようになっているほか、
試験に関する資料なども豊富に用意。試験対策のゼミや個別指導も行われ、
志を同じくする仲間たちと切磋琢磨しながら、夢の実現に挑むことができます。

「法科の中央」が誇る高い司法試験合格実績

本学では法科大学院進学・司法試験予備試験受験対策のため
法科大学院進学希望者および司法試験予備試験受験希望者向けの講座を開講しています。
長年にわたって「法科の中央」が培ってきた質の高い教育により、毎年、数多くの合格者を輩出しています。

伝統に裏打ちされた公認会計士合格者数

本学は他大学に先駆けて商学部に会計学科を開設したほか、経理・会計に関する日本屈指の伝統と実績を持つ
「経理研究所」を設置し、難関国家資格試験である公認会計士試験で優れた実績を残しています。
平成26年公認会計士試験においては「1年生(18歳)合格者」、
平成27年公認会計士試験においては「1年生(19歳)合格者」「最年少(19歳)合格者5名」、
平成28年公認会計士試験においては「1年生(19歳)合格者」「最年少(19歳)合格者3名」を輩出しています。

幅広い対策が支える高い公務員試験合格実績

本学では現役公務員のOB・OG による講演・指導・相談会、試験制度の説明会や公務員講座を実施しており、
そこで公務員に関する基礎的学習から実務に関わる内容までを学んでいきます。
また文系学部・理工学部それぞれに着実なステップアップを促すカリキュラムが用意されています。
国家公務員一般職試験では、平成28年度に224名の合格者を輩出しています。(合格実績 全国2位)

充実のサポート体制が支える教員採用試験合格への道

教員採用試験合格のための対策講座やサポート
  • 教員採用試験論文対策セミナー
  • 教員採用試験面接対策ガイダンス
  • 教員採用試験面接対策セミナー
  • 教員採用試験ガイダンス
  • 教員採用試験対策講座
  • 卒業生への求人情報メール配信
  • 教員採用試験学内模試
  • 教職ガイドブック発行

本学では、確かな「専門性」と幅広い「教養」に支えられた教員の養成をめざしています。
教員採用試験は比較的競争率の高い試験ですが、教員採用試験合格に向けた
各種対策講座やセミナーなどのサポート制度が充実しており、
毎年300名程度の学生が免許状を取得して卒業します。

将来の可能性を広げる数多くの取得可能資格

資格は将来の進路や可能性を広げてくれるもの。本学では特定科目の単位を修得することで得られる資格をはじめ、
仕事に直結する数多くの資格の取得が可能です。そのほかにも、さまざまなスキルを伸ばす各種講座を多数開講しています。

[中央大学で取得可能な資格例]
[A]教員免許/社会教育主事/司書・司書教諭/学芸員/電気主任技術者/第1級陸上特殊無線技士/第2級海上特殊無線技士/測量士補/測量士
[B]第1級陸上無線技術士/第2種電気工事士/電気通信主任技術者/土地家屋調査士
[C]司法試験/臨床心理士/公認会計士/不動産鑑定士/ファイナンシャル・プランナー/証券アナリスト/税理士/宅地建物取引主任者/中小企業診断士/社会保険労務士/司法書士/行政書士/情報処理技術者/施行管理技士/アクチュアリー/技術士/弁理士
[A]特定科目の単位を修得し、申請により得られる資格の例
[B]特定科目の単位を修得することで、試験の一部が免除される資格の例
[C]そのほか、試験科目が大学の授業や特別講座の内容と密接に関係する就職・独立に有利な資格の例