富樫 渓太さん秋田県立大館鳳鳴高等学校出身 理工学部 物理学科3年
実験を通して物理学への興味を深め、
卒業研究でさらに追究していきたい。
高校時代、強力な磁石を利用して鉄球を打ち出す「ガウス加速器」を作ったことで物理学に興味を持ちました。また高校の教員を目指していたため、物理学科ならば数学・理科・情報の教員免許を取得できることも入学を決めた理由です。授業では、磁石の性質を用いた実験が印象的でした。液体窒素で冷やした超伝導体の上に置いた磁石が浮かびあがる現象は、驚きとともにその原理を知ることができ、実験の楽しさをあらためて感じました。4年次に所属する研究室では、卒業研究を通して、自分の興味を追求していきたいと考えています。