宮原 裕紀さん長野県上田高等学校出身 文学部 人文社会学科 心理学専攻3年
臨床心理学の学修を生かして
法務技官の道へ。
子どもの頃から人の心の動きに興味があり、病院を回って入院している子どもたちの心を癒す職業があることを知ったのをきっかけに、心理学を本格的に勉強したいと思いました。中央大学は教員の数が多いことや、共同研究室という専門分野の図書が豊富な施設もあり、恵まれた学修環境で心理学を学べるところが魅力です。ゼミでは犯罪に関連する臨床心理学の研究をしています。少年鑑別所や少年院等の司法・矯正施設を訪問し、心理専門職の業務についても学びました。今はその研究を通じて知った法務技官という職業を目指しています。