佐藤 舜さん青森県立弘前高等学校出身 文学部 人文社会学科 哲学専攻4年
哲学を学ぶことで生まれる新鮮な驚きが、
学問への探究心を高めてくれる。
高校時代、倫理の面白さに気付き、もっと追究してみたいと思うようになったことが、哲学専攻を選んだ理由です。中でも「科学哲学」の授業は特に印象に残っています。例えば、科学で何か新しい発見をした場合、なぜそうなるのか、この概念や法則は正しいのか、というロジックを論証するために使われるのが哲学の考え方です。それまで僕は、科学と哲学は全く違う分野の学問だと思っていたため、哲学の側面から科学について考察することはとても新鮮でした。この授業を通し、哲学の奥深さをあらためて実感したのと同時に、より一層哲学への探究心が増しました。