• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

ロースクール
圷 由美子

写真:圷 由美子

圷 由美子 / あくつ ゆみこ

客員講師 / 弁護士

担当科目:ジェンダーと法

主な経歴(在外研究含む)

1999年4月  最高裁判所司法研修所入所
2000年10月  弁護士登録(東京弁護士会)
2002年4月  東京都労働相談情報センター 民間労働相談員
2012年4月~2013年3月  中央大学大学院法務研究科実務講師 
2017年11月~東京弁護士会男女共同参画推進本部委員 (2018年7月より事務局次長)

最終学歴

1999年3月 中央大学法学部法律学科

現職

旬報法律事務所

主な研究・活動分野

<主な研究テーマ>
誰もがどんなライフステージでも人間らしく安心して働き・生き続けることのできる職場環境に関する法施策のあり方

<主な担当事件・分野>
労働問題(セクハラ・マタハラ・パワハラなどハラスメント関連、過労死・過労自死、労働時間・生活時間その他全般)

  • 2005年12月
    日本マクドナルド店長(いわゆる「名ばかり管理職」)事件弁護団に参加
  • 2008年2月
    日本労働弁護団 セクハラ被害対策プロジェクトチーム(後の「女性労働プロジェクトチーム」を結成
    同年12月
    ベルリッツ労組委員長・執行委員に対する違法ストを理由とする損害賠償請求事件応訴弁護団に参加
  • 2010年1月
    北海道派遣社員セクハラ労災不支給決定取消訴訟事件弁護団に参加
  • 2012年2月
    リコー技術者・出向無効確認請求事件弁護団に参加
  • 2014年6月
    「マタニティハラスメント対策ネットワーク」立上げサポート

主な著書・論文等

①著書・共著
  • 2010年「Q&A 女性と労働110番~働く女性の権利を守るため~」民事法研究会 共著(編集・職場の女性問題研究会)
  • 2011年「労働再審③ 女性と労働」大月書店 共著(編者・藤原千沙、山田和代、「人間らしく働き続けたい」を執筆)
  • 2013年「労働相談実践マニュアル」日本労働弁護団 共著
  • 2014年「会社で起きている事の7割は法律違反」朝日新書 共著
  • 同年「未払い残業代請求 法律実務マニュアル」学陽書房 共著 ・2017年「女性と労働」~貧困を克服し男女ともに人間らしく豊かに生活するために~旬報社 共著(「マタニティ・ハラスメント」を執筆)
  • 同年「働く場のリアル」~「女性活躍」と言わせない~
    すいれん舎 共著(「広島マタニティハラスメント事件 真の働き方改革へのビッグウェーブ」を執筆)
②原稿
  • <解説>「人事労務担当者が知っておきたいマタハラ問題をめぐる動向と職場における対応策」労務事情 産労総合研究所 2015/2/15
  • 「<特集 マタニティ・ハラスメント―最高裁判決を受けて>育休明に挑んだマタハラNetサポート弁護士としての活動―2014年7月立ち上げから8ヵ月間の活動報告」労働法律旬報 旬報社 2015/3/10
  • 「<視点>いまこそ、あるべき労働者モデルの転換を
    ~マタハラ対策はプラス方向の経営戦略である~」労務事情 産労総合研究所 2016/4/1
  • 「<視点>人にとって「時間」とは何か」労務事情 産労総合研究所 2016/4/15
  • 「<実効性ある均等政策に向けて>マタハラ問題が投げかける本質的問題提起~「ダイバーシティ」のあるべき姿と課題~」季刊労働法 労働開発研究会 2016/6/15
  • 「職場のハラスメント2「マタニティ・ハラスメントを受けたらどうしたらいい?」We Learn公益財団法人 日本女性学習財団 2016/8/1
  • 【特集 働き方・休み方と人間らしい労働生活】「一日単位での人間らしい生活時間、生活コアタイムを確保する~労働時間設定への新しいアプローチ~」労働の科学 大原記念労働科学研究所 2017/6/1
  • 「いのちの一刻を、職場独占から、個人・家庭・社会に取り戻そう~人たる原点に立ち返った、時間へのアプローチ~」労働法律旬報 旬報社 2017/3/25
③DVD監修
  • 2015年3月発売 アスパクリエイト「不祥事の未然防止・再発防止シリーズ」第2巻 横領・情報漏洩(故意 過失)・マタハラ編