• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

アカウンティングスクール
小関 誠三 KOSEKI Seizo

小関 誠三 KOSEKI Seizo
教授 経済学博士

小関 誠三 KOSEKI Seizo

担当科目:
◆プロジェクト演習
◆ビジネスアカウンティング
◆EU会計制度論
◆研究論文

プロフィール(経歴)

中央大学大学院経済学研究科博士後期課程修了(経済学博士)。
他大学の教員を経て、2002年4月本研究科に就任。
主にフランスを対象に公会計、国民会計、CSR会計などの研究分野をテーマとしてきたが、現在は、EU加盟諸国企業におけるfull IFRSとは異なるlocal規準の適用の実情、特に昨年新しく公表されたPCGとIFRSとの関係について検討を加えている。

メッセージ

我が国の会計制度とIFRSとの関係について一定の理解を得るためには、欧州での現場の実情を把握することが近道であろう。巷の誤解を取り除くためにも、多くの事例を共に見てみよう。