• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

アカウンティングスクール
CGSAフォーラム第12号

CGSAフォーラム第12号が発行されました

本号には、全体で6編の論文・研究ノートが掲載されております。投稿していただいた皆様に心より御礼申し上げます。今年も『CGSAフォーラム』第12号を無事お届けします。

ソチ五輪でグローバル競争が連日繰り広げられております。アベノミクスで経済は好転しつつありますが、消費税増税を乗り越え、賃金上昇となり、企業業績も好調を続けられるかは、グローバル競争に打ち勝つことができるかでしょう。

寒い冬から春が待ち遠しい季節となりました。今後も専任教員の研究成果の質・量を充実させる一助として、本『CGSAフォーラム』が貢献できればと期待しております。

CGSAフォーラム第12号論文一覧

【執筆者】 磯村 和人
【タイトル】 Examining the impact of scientific management on records management: The case of Japan
  論文の要旨はこちら
【執筆者】 長谷川 茂男
【タイトル】 50数年前の基準書ARB51とその後の流れ
  論文の要旨はこちら
【執筆者】 大野 薫
【タイトル】 公正市場価値とファイナンスの評価法
  論文の要旨はこちら
【執筆者】 紺野 剛
【タイトル】 日本トップ400社の比較分析による企業価値創造会計
  論文の要旨はこちら
【執筆者】 冨塚 嘉一
【タイトル】 減価償却のあり方-企業活動の実態の表現として-
  論文の要旨はこちら
【執筆者】 小関 誠三
【タイトル】 IFRSの初度適用の実態-CAC40における無形資産の事例-
  論文の要旨はこちら