• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

アカウンティングスクール
CGSAフォーラム第11号

CGSAフォーラム第11号が発行されました

桜の開花が待ちどおしい季節となりました。毎年素晴らしい花を咲かせるように、『CGSAフォーラム』の発行を続けていきたいものです。

『CGSAフォーラム』第11号をお届けします。

本号には、全体で5編の論文が掲載されております。特別にお願いして投稿していただいた長谷川茂男特任教授をはじめ、投稿していただいた皆様に心より感謝申し上げます。

本号から、論文著作者から許諾書の提出を求め、学術リポジトリへ掲載し世界中に公開されることになりました。より注目される論文を多く掲載したいものです。

CGSAは開校から早11年を経過しようとしており、新たな改革を検討中ですが、さらなる発展を目指す上で、専任教員の研究成果の質・量ともに充実させることが求められております。その一つとして、本『CGSAフォーラム』が貢献できればと祈念しております。

CGSAフォーラム第11号論文一覧

【執筆者】 磯村 和人(国際会計研究科 教授)
【タイトル】 Search for missing links between records management and business administration
  論文の要旨はこちら
【執筆者】 大野 薫(国際会計研究科 教授)
【タイトル】 モンテカルロ法による確率的金利動向と法人課税のリアル・オプション分析
  論文の要旨はこちら
【執筆者】 小関 誠三(国際会計研究科 教授)
【タイトル】 OHADA会計制度―会計標準化の特徴と意義―
  論文の要旨はこちら
【執筆者】 長谷川 茂男(国際会計研究科 特任教授)
【タイトル】 IFRS教育のメリットに関する考察
  論文の要旨はこちら
【執筆者】 紺野 剛(国際会計研究科 教授)
【タイトル】 IFRS教育のメリットに関する考察
  論文の要旨はこちら