• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

アカウンティングスクール
磯村和人 教授が「組織は人なり」を出版

磯村和人 教授「組織は人なり」

野中郁次郎監修、東京電力技術開発研究所ヒューマンファクターグループ編、野中郁次郎、平田透、磯村和人、咲川孝、成田康修、坂井秀夫、吉田久著『組織は人なり』ナカニシヤ出版、2009年9月17日

【概要】

人間主義的な経営のために
世界的な金融危機のなかで、企業経営は非常に厳しい状態におかれている。経済の行き詰まりのなかで、利益獲得と市場原理を優先する従来の企業戦略は転換を迫られざるをえないだろう。組織は人なり。いまこそ、人間を人間らしく尊重し、かつ組織の社会的な存在意義を追及し、公共善を基盤とするような経営のあり方が求められている――人に立脚した人間主義的な経営のあり方について、経営学の理論を分かりやすく紹介し、ケースもふんだんに論じながら解説。リーダーシップ、モティベーション、ナレッジ・マネジメントなどの経営理論の基礎はもとより、これからの組織経営の基本的な考え方を学ぶための、恰好のガイドブック!

【主要目次】

  • はじめに  野中郁次郎
  • 第1章 意欲を育てる  成田康修・磯村和人
  • 第2章 共通感覚をつくる  磯村和人・吉田久
  • 第3章 思いを伝える  磯村和人・吉田久
  • 第4章 知識と文化を創造する  咲川孝・成田康修
  • 第5章 組織の未来をつくる  平田透・野中郁次郎
  • 本書の経緯  坂井秀夫
  • 結びにかえて  野中郁次郎