• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

アカウンティングスクール
磯村和人 教授が「経営は哲学なり」を出版

【著書情報】

磯村和人 教授「経営は哲学なり」

編著者:野中郁次郎編、平田透、成田康修、磯村和人、弦間一雄共著

書名:『経営は哲学なり』

発行年月日:2012年1月

出版社:ナカニシヤ出版

【概要】

今こそ企業は創造主たる誇りを持て!

企業は一体何を信じて経営すればよいのだろうか。従来の日本型経営では通用しない。アメリカ型のグローバル・スタンダード経営も行き詰まってしまった。その上、中国やインドなど新興国の急速な台頭。欧州の財政・金融危機の広がり。低下しつづける日本の経済力。そして東日本大震災。もはや経営環境が厳しいことが当たり前の時代になってしまった。しかし、日本企業は本来の輝きを取り戻すことができる。それは創造する喜びと誇り、そして思想を取り戻すことで可能になる。経営は哲学なり。経営スキルの時代から、再び経営哲学が問われる時代へ。本書は、経営理論をベースに企業、リーダー、文献の事例を数多く紹介することで経営の実践哲学を幅広く解説していく。本当の経営について学びたい、深く考えたい。そんなすべての人に読んでほしい一冊です。

【主要目次】

  • はじめに・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 野中郁次郎
  • 序章 哲学の意義・・・・・・・・・・ 平田 透
  • 第1章 現場の哲学 ・・・・・・・・・成田康修
  • 第2章 変革の哲学 ・・・・・・・・・磯村和人
  • 第3章 創造の哲学 ・・・・・・・・・弦間一雄
  • 終章 未来へ・・・・・・・・・・・・・・野中郁次郎