• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

アカウンティングスクール
大野薫 教授が「モンテカルロ法によるリアル・オプション分析 」を出版

【著書情報】

大野薫 教授「モンテカルロ法によるリアル・オプション分析」

著者:大野 薫

書名:『モンテカルロ法によるリアル・オプション分析』

発行年月日:2013年1月23日

出版社:きんざい

【概要】

読者自らプログラム・コードを入力することによって、オプション評価への理解を深めながら事業計画のリアル・オプション分析をマスターするための専門書!

◆プログラムで乱数を発生させるモンテカルロ法を用いることによって、将来の不確実性を取り込むリアル・オプション分析は、次世代の将来予測の手法として注目が高まっています。

◆リアル・オプション法は、企業の多様でダイナミックな戦略的意思決定を事業計画モデルに反映させることで、DCF法の限界を克服します。

◆Excel VBA初心者でも、この一冊で本書に必要なプログラミングを習得することができます。

◆本書は、ファイナンスの基礎をマスターずみの文系読者を対象としています。ファイナンスを学ぶ学生のほか、金融実務家、企業の経営戦略を立案する経営企画、財務企画、そしてリスク管理担当者までご利用いただけます。

【主要目次】

第1章 エクセルVBAプログラミング入門

エクセルVBAとは/VBAエディタ/プログラミング

第2章 数値解析入門

モンテカルロ・シミュレーションによる円周率の推定/覆面算/方程式の解/数値積分/常微分方程式の解

第3章 乱数

乱数列/乱数ジェネレーター/乱数発生アドインのインストール/インバース法/「VBA乱数関数」モジュール/一様乱数の生成/正規乱数の生成
〔付章3A〕乱数発生アドインのコード

第4章 基本株価プロセスとブラック・ショールズ・モデル

1期間バイノミアル(二項)モデルの例/2期間モデルから現実の世界のモデル化へ/ランダムウォーク/株価プロセスのモデル化/モンテカルロ法による「ブラック・ショールズ・モデル」/ブラック・ショールズ・モデル
〔付章4A〕ブラック・ショールズ式の意味

第5章 エキゾチック・オプション

バイナリー・オプション/ルックバック・オプション/バリア・オプション/アジア型オプション
〔付章5A〕モンテカルロ経路依存型BSモデル/〔付章5B〕仕組債分析事例―パワー・リバース・デュアル・カレンシー債

第6章 推定誤差

サンプル数による推定誤差/サンプル数による推定誤差の計算/推定精度の向上法/離散化による推定誤差/計算誤差の例:手打ちうどん

第7章 シンプルなモデル

「評価モデル」ワークシート/一つの売上高パスの生成:シンプルなモデル1/パスのサンプリング:シンプルなモデル2/評価モデル:シンプルなモデル3
〔付章7A〕ブーツストラップ分析:F氏の「30年安心」私的年金プラン

第8章 リスク中立評価

完備市場と状態価格/数値例/不完備市場/状態価格とリスク中立確率/リスク中立確率測度とマルチンゲール/連続時間モデルの場合/リスク中立ドリフト/リスクの市場価格の推定/まとめ
〔付章8A〕現実の世界におけるオプションの割引率とシミュレーションの割引率/〔付章8B〕第7章におけるDCF評価について

第9章 基本プロセスの拡張

基本プロセスの拡張Ⅰ:配当、外国為替、先物/基本プロセスの拡張Ⅱ:ジャンプ/インプライド・ボラティリティとボラティリティ・スマイル/ジャンプ・プロセス/ファット・テイル分布からのサンプリング:対数ロジスティック・モデル/基本プロセスの拡張Ⅲ:平均回帰
〔付章9A〕相関正規乱数の発生方法

第10章 スタートアップ企業の評価

Schwartz and Moon「アマゾン」モデル/ワークシート・モデル/Amazonワークシート・モデル1万回シミュレーション/「アマゾン」モデル:VBAバージョン
〔付章10A〕ロジスティック(飽和)関数

第11章 アメリカン・オプションの評価

LSM法/基底関数について/有効サンプルについて/バミューダ・プット・オプションの評価
〔付章11A〕前進簡便法