• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

アカウンティングスクール
ファイナンス修士(MBA in Finance)を目指す

モデル03 企業のCFO(最高財務責任者)向けパッケージ

ファイナンスⅠ・Ⅱ等の基礎知識の修得後に、コーポレート・ファイナンス(企業金融)関連科目を中心とした履修を推奨しています。会計・企業経営に関する基礎知識を踏まえた上で、CFOを目指す人には必須の科目である企業買収とガバナンス、リアル・オプション分析、税務関連科目など発展科目を多く履修することで専門的な知識を修得します。

導入科目群

計量分析入門(統計) マネジメント・セオリー

基礎科目群

ビジネスアカウンティング ファイナンスⅠ ファイナンスⅡ

発展科目群

リーダーシップ開発と人材マネジメント 法人課税制度基礎 法人課税制度応用
企業価値評価論 M&Aとコーポレート・ガバナンス ポートフォリオ理論とインベストメント
財務リスク管理 リアル・オプション分析 特別講義Ⅷ(金融法務)
ファイナンシャルマーケット論

ケーススタディー(必修4単位)

ケーススタディー(企業研究)

プロジェクト演習(必修4単位)

プロジェクト演習

輩出する人材イメージ

企業の経理と財務を統括するCFOや経営者を育成。コーポレートファイナンスのスペシャリスト、事業戦略や資金管理・資金調達戦略を定量的に分析し策定する経営企画責任者そして財務リスク管理責任者。また企業買収やM&Aのリーダーなど。

モデル04 ファイナンススペシャリスト向けパッケージ

ファイナンスⅠ・Ⅱ等の基礎知識の修得後に、コーポレート・ファイナンス(企業金融)と投資(インベストメント)理論に関連した科目の履修を推奨しています。ポートフォリオ理論とインベストメント、オプション理論、オルタナティブ投資などの発展科目を多く履修することで専門的な知識を修得します。

導入科目群

計量分析入門(統計) マネジメント・セオリー

基礎科目群

ビジネスアカウンティング ファイナンスⅠ ファイナンスⅡ

発展科目群

ポートフォリオ理論とインベストメント オプション理論 企業価値評価論
M&Aとコーポレート・ガバナンス 財務リスク管理 証券化取引 年金と保険
ファイナンシャルマーケット論

ケーススタディー(必修4単位)

ケーススタディー(企業研究)

プロジェクト演習(必修4単位)

プロジェクト演習

輩出する人材イメージ

金融機関や資産運用会社で活躍するファイナンスのスペシャリストを育成。企業のIR責任者やリスク管理責任者、証券会社や資産運用会社のアナリストにストラテジストそしてファンドマネージャー。また企業買収やM&Aのアドバイザーや責任者など。

履修モデル CASE-02

社会人(企業派遣) 入江 大さん

みずほ証券プリンシパルインベストメント株式会社
戦略投資部 不動産投資チーム エグゼグティブディレクター
2010年9月入学

企業派遣制度で入学した私は、会社の理解もあり思い通りの学修ができました。平日でも終業後午後6時ぴったりに会社を出て、6時30分からの講義を受講。通学を最優先したスケジュールを組むことができました。投資業務の実務に役立つことを期待して「企業買収とガバナンス」「企業価値評価論」「国際課税概論」「リアル・オプション分析」等の科目を履修し学んだことで、投資分析の精度が格段に向上し、意思決定の質が高まったと実感しています。

ある日の一日(土曜日)

※科目名称・内容等が変更になる場合があります。

※上記の履修モデルは参考であり、履修計画については研究計画やご自身の状況により決定していただきます。