• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

アカウンティングスクール
山浦 太一さん

山浦 太一さん

山浦 太一さん

新日本有限責任監査法人 監査第5部
2008年3月修了

現在のお仕事の内容…
現在、監査法人に勤めており、国内企業の監査をメインに扱う部門に所属しています。社会人1年目ということもあり、まだ駆け出しですが、クライアント先に赴き財務諸表のチェックをはじめとする監査業務全般に携わっています。
CGSAで学んだこと・役立ったこと…
「会計実務」「監査における職業倫理と品質管理」などの授業で学んだことは、監査に直結するものばかりなので、入社3ヵ月目で監査業務全般に一スタッフとして携わる今の段階でも、非常に役立っています。特に「会計実務」では、先生が会計士ということもあり、会計士の視点から現場で感じたことや経験されたことを交えながら授業をしていただき、よりリアルに会計実務について学ぶことができました。また、CGSAは専門職大学院なので、高度な授業が多いのも確かです。私の場合、監査業務に携わってまだ1年目なので、そうした高度な知識を要する専門的な業務はありませんが、CGSAで学んでいる時に、先生方が「5年・10年後を見据えた授業をいまやっている」とおっしゃっていたのが、とても印象的でした。これからCGSAで学ばれるみなさんも、こうした認識を持ちながら授業に望まれることをお勧めします。
実際のビジネスでの活用…
「クライアント企業から提供された資料のまずどこを調べなければいけないか、どこを見なければいけないか」、また「その根拠となっている条文はどこか」など、「会計実務」で学んだことが、そのまま実務で活用でき、仕事を効率的に行うことができていると日々実感しています。また、「上場準備論」や「企業価値評価論」などで学んだことは、今後経験や実績を積んだうえで活かされていくものだと思いますので、これから先が楽しみです。
これからの抱負・ビジョン…
今はまだ、監査の仕事に慣れることで精一杯の日々を送っていますが、将来的には、監査業務に限らず、CGSAで学んだことと今実務に就くことで得られている経験をうまく融合させて、自分の可能性や仕事の幅を広げていきたいと考えています。